日本でも人気急上昇中の韓国の若手俳優、イム・ジュファンが緊急来日。現在公開中の映画『霜花店(サンファジョム) 運命、その愛』と、主演ドラマ『タムナ~Love the Island』のダイジェスト上映を記念して、2月9日、東京・シネマート六本木にて舞台挨拶を行った。
イメージ 1

高麗時代末期を舞台にした『霜花店(サンファジョム) 運命、その愛』は3人の男女がたどる悲劇的な運命を描いた歴史絵巻。王(チュ・ジンモ)とその近衛部隊隊長(チョ・インソン)、王妃(ソン・ジヒョ)との切ない禁断のラブ・ストーリーが展開する。

 本作で近衛兵のひとりを演じたイム・ジュファンは「オーディションを受けたのですが、監督が出した条件が韓国にいる身長が180cm以上の美男子(笑)。1000人近くの方が受けましたが、幸い合格することができました」と明かし、「4~5ヵ月ほど剣術、馬術の訓練を受けて、体力的にはかなり大変でした。初めて時代劇に出演しましたが、監督が『君たちは王を守る親衛隊である。いくら外見がいいとはいえ武士であるということ、王を守る立場であることを踏まえていなければいけない』と何度も言われましたので、そこを注意して演じました」と撮影エピソードを語った。
イメージ 2

イメージ 4

一方、『タムナ~Love the Island』は17世紀の朝鮮王朝時代。済州島に漂着した西洋人を海女が助けたという実話をモチーフにした、新感覚時代劇ラブ・ロマンスだ。本作が初主演ドラマとなる彼が演じたのは、済州島に流刑された貴族のパク・キュ。主人公を演じるにあたり、「パク・キュという人物を第三者的な目からも見る必要がありました。彼を理解して始めて演技ができるからです」と話し、「美しい済州島の景色、その映像美が繰り広げられます。また、俳優同士のコミュニケーションがよくとれて、現場でも家族のように仲良く過ごせました。演技の中からも感じていただけるんじゃないでしょうか」と見どころを伝えた。

 映画『霜花店(サンファジョム) 運命、その愛』はシネマート六本木、シネマート心斎橋ほかにて公開中。ドラマ『タムナ~Love the Island』(全21話)完全版 は、3月26日(金)にDVD-BOX Ⅰが、4月28日(水)にDVD-BOXⅡがリリースされる。
イメージ 3

イメージ 6

イメージ 5

お写真等は@韓流ぴあ様からお借りしています。
ありがとうございます。
http://community.pia.jp/hanryu/2010/02/20100210-01.html#trackbacks
イメージ 7