R658x0

「私を愛したスパイ」が爽快で甘いトリックで視聴者たちの心を狙撃する。

来る10月初放送されるMBC新水木ミニシリーズ‘私を愛したスパイ’(演出イ・ジェジン、脚本イ・ジミン、製作グルアンドグリム)側が9月17日1次ティーザー映像を公開した。,銃を持ったチョン・ジフン(ムン・ジョンヒョク)とデリック・ヒョン(イム・ジュファン)、二人の男を正照準するカン・アルム(ユ・インナ)の姿が007作戦を連想させ、気がかりなことを誘発する。

「私を愛したスパイ」は、秘密が多い二人の夫とスパイ戦に巻き込まれた一人の女性のスリル満点シークレットロマンチックコメディを描く。,絶対に一緒にできない三人の男女の途方もないスパイ戦が愉快な笑いと爽快なときめきをプレゼントする。,「ザ・バンカー」、「私の娘金糸月」などを通じて感覚的な演出を披露したイ・ジェジン監督がメガホンをつかんで、台本はイ・ジミン作家が務める。,特に映画「南山の部長たち」、「天文:空に問う」、「密偵」など大型ヒット作を生んだイ・ジミン作家の最初のドラマという点で注目が集まっている。

この日ベールを脱いだ1次ティーザー映像はウェディングドレスを作るカン・アルムの素早い手から始まる。,早いスピードで上り下りするミシン針、布を横切る鋭いはさみが作戦に出た彼の武器でもあるようで興味深い。,ここで「騙されて、信じて信じてくれるふりをする、結婚はスパイ戦だ」というカン・アルムのナレーションが好奇心を刺激する。,続いて映像の中、ウェディングドレスでの甘い変身を夢見た純白のレースは、すぐファインダーになってチョン・ジフン、カン・アルム、デレック・ヒョンに照準を合わせる。,『007ガンバレルシーン(オープニング)』を連想させ、一人ずつ姿を現したチョン・ジフンとデリック・ヒョン。秘密の雰囲気と色が違うカリスマが視線を圧倒する。,二人の男に向かって「さあ、これから真実を言ってみて」と鋭くハサミの先を狙うカン・アルムの力強い目つきも好奇心を高める。

ムン・ジョンヒョクはカン・アルムの元夫であり、旅行作家として偽装したインターポール秘密要員「チョン・ジフン」に変身して、もう一つの「人生ロコ」を予告する。,気さくな笑顔にカリスマまでフル装着したチョン・ジフンの「全世界フリーパス」の魅力を特有の能天気な演技で表現する見込み見込み。,ユ・インナは特別な秘密を持つ二人の男と結婚したウェディングドレスデザイナーカン・アルムを演じる。特有のラブリーさにスパイが体質?反転魅力まで披露する彼女の変身に期待が集まる。,イム・ジュファンは、カン・アルムの現在の夫であり、外交官として偽装した冷徹な産業スパイデリック・ヒョンに扮する。,ビジネスのためにどのような行動も辞さない鋭いカリスマと限りなくスイートなロマンチストの顔を行き来しながら存在感を発散する。

何よりも「コメディ職人」ムン・ジョンヒョク、ユ・インナ、イム・ジュファンの相乗効果は、最高の観戦ポイントだ。,秘密警察の元夫チョン・ジフンと産業スパイであるデレック・ヒョン、甘く殺伐な秘密を持つ二人の男と絡み合ってスパイ戦に飛び込むウェディングドレスデザイナーカン・アルム。,世の中の斬新な組み合わせが作り出す予測不可能なシークレットロマンスが早くも待ち遠しい。

一方、MBCの新しい水木ミニシリーズ「私を愛したスパイ」は、作品性と興行性をすべて認められた「ミスティ」、「ロマンスは別冊付録」を作ったグルアンドグリムが製作を担当した。,来る10月MBCで初放送される。 (写真=MBC)
[newsenキム・ミョンミ記者]
newsenより
https://entertain.v.daum.net/v/20200917110723937