We loverイム・ジュファン.LimJuHwan.임주환.林周煥.

イムジュファン応援・広報/LimJuHwanJapan FanSpporters/タムナ~Love the Island広報公認

inter+view

2007年1月inter+view 和訳②

イメージ 1

イメージ 2

2007年1月inter+view 和訳


翻訳機と電子辞書にて私の勝手な解釈で和訳しています。 今までの日本の雑誌に取りあがられたインタビューに似ているところがたくさんあり 特に韓国プラチナMagazinevol10のインタビューに似ていました。 和訳してチュファン君のことがますます大好きになり 言葉は足りないかもしれないですが  俳優としてモデルとしてこれからも韓国でがんばってくださいね。 たくさん日本から応援しています。^^





01 Character
「雪の女王」のソ・ゴヌは大雑把で寛容でこだわらない人物、金の指輪値段を抜かなければならないと好きな女を連れて初誕生日のお祝いに行って運転している途中車が割り込んだと仁川まで追いかける案外性が魅力的だ。分かってみれば金持息子にご両親とお兄さんも医師だと別に考えなしに医師ができた人だ。そうするうちに劇中ボラ(ソン・ユリ)に会って彼女の病気を治療してくれて内面の痛みをかばってあげたい心が生ずる。愛においては猪突的で厚かましい人だ。脂っこく行動すればおかしくなることができるキャラクターなのに大雑把で淡白な面がこれを中華させる。
02 Colleague
ヒョンビンと同じ年友達だ。10月の初盤からドラマ撮影に入って行ったがー何年も見た人々みたいだ(笑い)ソン・ユリお姉さんは一歳の差でイ・スンリさんも二つ差だからすべて同じ年齢だと楽だ。監督様は女方々の心理をあまり存じてびっくりびっくりする時が多い巷間には視聴率が出なければ雰囲気悪くなると言うのに全然そうではない会食もして楽しく過ごす。
03 Model&Actor
高等学校の時演劇組活動して大学も演劇映画科専攻をした。大学生たちの演劇に対するファンタジーがあって入って行った大学でイェ・ハンニョンと言う友達に会った。彼が会社を紹介してくれて社長に初めて会った翌日から雑誌写真モデル仕事を始めるようになった。演技者を夢見たがモデルが演技のための足ではなかった。突き出したらホームページにモデルした時がもっと良い。モデルさえしてはいけないかと残す方々もいるのにしないのではない。演技者を宣言しながらスケジュール上の優先順位が変わったことだけだ。今度ソウルコレクションにも芸能人がメインで出ることに構わずにモデルとしてどんな手順にでも立とうと思った。ドラマスケジュールのためできなくなったが。
04 Fimography 
「マジック」はカン・ドンウォンお兄さんが主人公なのに。。。。2回出演しながら主人公にきっかけを与える人物だった。以後「このろくでなしの愛」でシン・ミナさんの劇中相手俳優役でちょっと登場した。私は比重に対して神経は使わない今度撮影する映画「M」でもシルエットだけ登場する。‘アンブレラマン’と影式だけで出てからさっと入って行く妙なキャラクターだ。面白いようでイ・ミョンセ監督様にお願いした。映画「ドレミパソラシド」ではユン・ジェグァンだと劇中チャ・イェリョンさん引き受けたユン・ジェギョンの弟役を引き受けた。実際では私が主人公三人の方より歳が二つ三つの歳が多いのに劇中には二つ三つの歳が幼い(笑う)
05 MakeOver
モデル仕事初めてする時は74kgだったが太れば顔が丸くて豊かに見える。それで演技オーディションを行く度にひじ鉄砲にあった。ドラマ「新入社員」のオーディションでハン・ヒ監督様がそのように太って幼く見えるとオーディションでもすべて落ちるとなさっていたよ。そのお話がありがたかった。これをきっかけに一月半ぶりに10kg抜いたらなかった頬骨とあごの線が生じた。ここにスリムしたトレンドが重なりながらモデル働きながらもずっと格好よかった。ところで今「雪の女王」撮りながらあまりにも痩せたと言う話を聞いてまた一月半ぶりに5kg程度太らせた。運動していて痩せ細った筋肉が手強い(笑い)
06 Personality
初めにはみんな冷たく見えると言う。ところで言葉もたくさんしてステップたちしてからもすぐ親しくなる方だ。親しくならなければならないからわざわざ行って投げかけて聞いて見るのだ。私が取らなければならない神の前後もどんなにさあっと見て。率直に身は疲れるが周辺でよく見てくれるから気持ちも良い勉強がたくさんなると感じる。ステップ方々が撮影終わったがどうして行かないかといぶかしながらも中では好きだったよ。
07 Girl Friend
いないのにうわさが多いO型だからそうするのか知れなくても全て親しい大学の時に3年付き合ったガールフレンドがあったがといった雑誌の路頭ファッションに積まれたことがある。それまで付き合っているとは知り合いが多い。親しく過ごしてからはある。私を誰よりよく分かった人と別れたと背くのではないようだ。仕事してみると忙しくてガールフレンドを取りそらえてくれることができない。モデルする時には休む日なら通りを歩き回るのを好きだった。約束がなくても約束を作りながら歩き回ったが映画とドラマを始めながら嫌になっていたよ。疲れて台詞演習もしなければならないから。
08 Real Love
実際に好み始めればどんな困難も恐れない見分けないスタイルだ。私良いという女は?見守る、私はどんな人が好きならば感情が次第に上がるのにこのごろは見かけだけ見て易しく好んでしまわないか。そんな方々に二日で一週間が行けなかったよ。(笑い)
09 Favorite Genre
ラブストーリーが好きだ。相手俳優と濃く心がぶつかるのを感じたい映画「贈り物」でイ・ジョンジェさんが客席の痛い妻のために涙をのんでコメディー公演をする姿を見て深い感銘を受けた。そんな役を必ずやって見たい。
10 New Year
新年にはレットカーペットを踏みたい敢えて上を受けたとしても。新人には誰でも夢のようだ。初めには舞台あいさつするのが夢だったが「雪の女王」をしながら成り立った。演劇をしたくて遠い後日には大学路に私だけの劇場を作るのが夢だ。それで演技する学生たちには場所を用意してあげたい

2007年1月inter+view 和訳①

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2007年1月inter+view 和訳

翻訳機と電子辞書にて和訳しています。 和訳して思ったのですが 今までの日本の雑誌に取りあがられたインタビューに似ているところがたくさんありました。 特に韓国プラチナMagazinevol10のインタビューに似ていました。 和訳して思ったことは チュファン君のことがますます大好きになりました。 言葉は足りないかもしれないですが 俳優としてモデルとしてこれからも韓国でがんばってくださいね^^


派手なイメージに隠されていたイム・ジュファンはい小さな配役を経ってきちんきちんと俳優の道を磨いてきた。
彼の堂々な演技仕事は今から手始めだ。

肩の力を抜いた彼には真率さが付け出す。キャットワークでの堂々なワーキングが自然な微笑が美しい男、イム・ジュファンは初めからモデルに決まったような外貌を持っているがモデルになる以前から長年の時間演技者を目標で走って来た。ふっと柔弱に見えるイメージと違い高等学校の時に演技をしなければならないと心に決めて友達である俳優シン・ドンウクとともに演劇部を作ったうえに全国演劇祭参加のために頭育てることを承諾してくれと先生を尋ねて締めるほど講壇も持っている。その後にもひたすら演劇をするために大学に進学した。その経験と情熱が今日の演技にも付け出すだろう。ある日急に登場したような新鮮な顔のイム・ジュファンは驚くべきことにかなり自然な演技で視聴者たちの心を盗んでいる。予想はしたが長い手足とこぶしより小さなほどの顔を見ているとまるでものを言うマネキンと向かいか合った感じだ。しかしこのマネキンは夜明け4時までドラマ「雪の女王」の撮影を終えて引き続き朝から映画「M」撮影に合流してから駆け来る道だからすごく疲れて見た。冷ややかに見える表情に記者の心もぎくっと落ちたが時間が経つほど彼の顔は、ぱっと咲いた。第一印象が冷たくて誤解を受けるという彼は朗らかに笑って撮影スタジオを暖かく暖めてくれた。
子供っぽい外貌と違い低音の声を持ったイム・ジュファンは演劇映像科生活で比較的正確な発音を習った。この声が配役を取ることも大きい助けになった。分かってみれば彼はドラマ「マジック」を始まりに映画「ミリオネアの初恋」「アラン」などを通じてすき間ごとに顔を出してきた。小さな配役にも感謝した彼に初めて比重ある役を抱かれてくれた「雪の女王」は意味が大きい作品だ。“監督様お話ではソ・ゴヌ役はオーディションに100人が超えるように来たと言うんですよ。私は初めにはあまり気に入られなかったそうだ。俳優よりはモデル感じが強くて・・・・・私はマイナスされることがないですね。基本さえしたら”彼は尋ねてきた幸運をぎゅっと取るためにも今日も孤軍奮闘中だ。おかげさまで主演級4人の中で一番自然な演技を駆使するという評価を聞いたりする“ソ・ゴヌが大雑把なキャラクターですよ、それで言う時にはきはきしないでいい加減にするようにしました。医師イメージそっくり見劣りしないのも実際医者さんたちは疲れて忙しいからそうでもないでしょう。
初めには視聴者たちが怪しげに思うと思ったがよく見てくれて気持ち良いですね“
ご存知のように彼はカン・ドンウォンの所属社‘The Man’で4年間モデル活動を通した。願った演技者の夢をつかんだモデルが演技者になるための手段ではなかったと言う。“演技者を宣言しながらスケジュール上の優先順位が変わったことだけです。モデル活動も続けたいです”モデル出身で演技者の道に歩いている所属社家族たちとはみんな似ている境遇だから学ぶ点が多くて同病相隣の感情も感じる。それで時間が出来れば集まってモニタリングもしてくれてその日のスケジュールのない人々は食べ物を持って行って撮影を見守ったりすると、別に落ちていても素敵だから一緒に出る瞬間から絵になるようだ。“ハハ人々の目が傾くことはします。事務所に女はいないです。職員全部男です・唯一の女は猫ですよ。(笑い)”
ずいぶん前から演技を夢見て来た素朴な男がいる。派手なイメージにかくされていたこの男は演劇一編をあげるために舞台衣装を裁縫して、鋸(のこぎり)で切断しながらセットを作った大事な記憶を持っている。演技のためにダイエットして小さな配役たちを経ってきちんきちん道を磨いたイム・ジュファンの努力は無駄ではないようだ。彼の堂々な演技ワーキングは今から手始めだ。

2007年1月inter+view

イメージ 1

左ポチすると写真が拡大になります^^



2007年1月inter+view



韓国語インタビュー記事は
 ↓   ↓
http://www.simonsearch.co.kr/story?at=view&azi=65722#

2007年1月inter+view

イメージ 1

左ポチすると写真が拡大になります^^



2007年1月inter+view



韓国語インタビュー記事は
 ↓   ↓
http://www.simonsearch.co.kr/story?at=view&azi=65722#

2007年1月inter+view

イメージ 1

左ポチすると写真が拡大になります^^



2007年1月inter+view



韓国語インタビュー記事は
 ↓   ↓
http://www.simonsearch.co.kr/story?at=view&azi=65722#

2007年1月inter+view

イメージ 1

左ポチすると写真が拡大になります^^



2007年1月inter+view
ギャラリー
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

kiyoko누나

カテゴリー
  • ライブドアブログ