We loverイム・ジュファン.LimJuHwan.임주환.林周煥.

イムジュファン応援・広報/LimJuHwanJapan FanSpporters/タムナ~Love the Island広報公認

イム・ジュファンTVインタビューetc

2015年4月'静中動'俳優イム・ジュファンが作る演技の道(インタビュー)

[エクスポツニュース=キム・ユジン記者]スタジオに入る俳優イム・ジュファンの姿は去る3ヶ月間ブラウン管で会った'輝くか狂うか'中長い髪と皇子衣装のワン・ウクとは全く違った。
前日あったドラマ打ち上げ後、翌日午前早い時間に直ぐに繋いだ日程. "緑茶が(からだに)より良いが、眠気を覚ます時はコーヒーを飲まなければならない"と色々な飲み物のうち缶コーヒーを取り上げて"コンディションには全く問題がない"とすがすがしく笑ってみせる顔で再び日常に戻った人間イム・ジュファンの雰囲気がそっとかすめて行く。

イメージ 1

▲ '輝くか狂うか'',多くの人々の記憶に残る作品になるのを
イム・ジュファンはMBC月火ドラマ'輝くか狂うか''で太祖王健の五番目息子ワン・ウクを演技した。 ワン・ウクは25人の皇子中最も優れた容貌の所有者はもちろん、明晰な頭脳と優れていた武芸を兼ね備えたと紹介される歴史の中実存人物.
イム・ジュファンに本人から感じられるイメージと大きく逸脱しない感じだと話すとすぐに'違う'と手で遮って笑う。 そしてすぐ"もう少し良い姿を残したい欲はある。 そのためか私がしたキャラクターがうまくいったのか考えをたくさんすることになる。 それでこそ次の作品でもう少し良い演技ができるようだ"として落ち着いて自身の考えを放つ。

ワン・ウクという人物が劇の中でキャラクター化されたのは初めてだった。 これに対しイム・ジュファンが感じた負担も少なくなかったはず。 彼は"ワン・ウクは歴史中にいる人なのでまた、その枠を抜け出してはいけない人物だった。 '自信があふれて、本人に対する痛みはあるが余裕がある人'という抽象的で曖昧な状況までも台本を見て作っていかなければならなかったから。 それが宿題であったようだ。 チャン・ヒョク先輩やイ・ドクファ先輩が助言をたくさんしてくださって多いに役に立った。 ストーリーラインがずっと続かない状況でどのようにすればキャラクターが右往左往ないだろうか、その悩みをたくさんした"としてワン・ウクと一緒にした過ぎた時間を元に戻した。

イメージ 2


強靭な姿の後には弱々しいロマンスも隠されていた。 '輝くか狂うか'放送中イム・ジュファンと一緒にした単語の中の一つはおそらく'孤独'だったのだ。
うなづいて"正しい"と共感の意を表わした彼は"劇中で私を好きな人がペクミョン(キム・ソニョン)しかいなかったが、だが、彼女も結局はワンソ(チャン・ヒョク)が好きだった。 それでも共感が形成された人にはセウォン(ナ・ジョンチャン)がいたが男同士好きではないことだから
。(笑い)私の好きな誰かがないというのが本当にさみしいよ。 実際の撮影現場の外でも心が空腹感を覚えて他の連中の会話もよく入れなかったりしたとして惜しかった心を考えている。


温かい仕上げの中で自らも作品と劇中キャラクターに対する誇りをもつことができた。 劇が後半部に行ってワン・ウクの行動に対しては多くの視聴者たちに共感を与えるのに成功したし、ドラマやはり平均二桁視聴率を維持して同時間帯トップの座を着実に守るなど内外で好評を受けた。
イム・ジュファンは"'輝くか狂うか''がもう少し多くの方々に記憶されればという風だ。 あえて作品で授賞式で賞を受けたりしなくても、人々に'、このようなドラマがあったんだよね'と思い出させられるのがドラマが終わっても俳優がすべき役割ではないかといえる"として自身に残された'俳優イム・ジュファン'での責任に対してもう一度再確認してみる。

イメージ 3

▲私は'俳優'の夢をかなえた人…それでもさらに努力しなければならない

186cmの長身と交わる彫刻のような顔で早目にモデル活動を始めて芸能界に足を踏み出したイム・ジュファンは2004年ドラマ'マジック'で演技者での人生を始める。 彼のフィルモグラフィーを調べれば軍入隊時期であった2011年5月から2013年2月までを除いては現代劇と史劇、単幕劇、映画など多様なジャンルで毎年着実に作品活動を続けてきたことが分かる。 それと共に自身が望んで、また演技したいキャラクターに会うわずかな夢をかなえていくなど少しずつ経験を積んでいっているところだ。
イム・ジュファンは"両面性を持っているが、私に俳優本当に良い職業だ。 それでどうせなら引き続き新しいものをしたいという欲がある。 そうするために必要なのが多様な経験でないか。 もう10年ちょっと超えて俳優生活をしたが、おばあさん出作りの味を沸き出るこくのある演技者としての経験はまだしばらく遠かった"と謙虚な姿を見せた。

演技、そして自身の人生に対してだけは自信あって積極的な姿を見せる彼だった 実際のイム・ジュファンは非常に'現実的'なスタイルでもあった。
 
"空想科学を別に好きではなくて'スターウォーズ'も見なかった"と笑った彼は"遠い未来をそんなに好きではない。 普段にも現実が上手でこそ過去が残ることで、現実が上手でこそ未来も自然によく作られると考える主義だ。 演技的に見た時も今までを顧みるならば多くの作品があったし、今に比べて不足しており、間違いだったこともあったその時に忠実だったので過去を考えた時、自分に恥じないことがあるようだ"として目を輝かせた。

イメージ 4

また他の希望があるならば演劇に挑戦したいということ。 高校生のころの友達によって演劇部に引きずられたし、結局その時の人生は今のイム・ジュファンをいるようにしたてくれたーニングポイントになった。

彼は"教科書の活字は好きではなくても演劇台本読むのは好きだった"と冗談を言って学生時代自身の姿を愉快に比喩した。 だが、すぐ'演劇劇場をたてて、いつか演劇舞台に立つことが夢だがとても慎重な部分'としながら真剣な表情で話を継続する。

"昨年にも高等学校後輩らと朗読劇を準備して結局日程上の問題で終盤に成功がならなくて惜しかった。 演劇にも、私が主人公ができるほどの俳優という点を演技で確かに評価されたい。 それでもし演劇をすることになるならば、おそらくその時のストレスは今まで中最も最高値になるだろう。 だが気持ち良いストレスである。 ブラウン管や演劇舞台の微妙なその境界線で、単純に認知度と評価されたくないという考えは確実だ"と力を込めて話した。

大衆の愛はもちろん、先輩と後輩に認められる俳優になりたいというイム・ジュファン. 後輩に私の経験を真心を入れて話することができて、その後輩が私の話を一生懸命受け入れることができる共感を形成することやはり彼が今後俳優に歩いていく道で考え中である目標の中の一つだ。


イム・ジュファンは"俳優イム・ジュファンは職業であるから、映画やドラマをたくさん見たりそんなにもう少し拍車を加えて私が準備できる時間が多くなければならないようだ。 もちろんそれで友達との友情や家族のように住民登録謄本上のイム・ジュファンではのがして行く部分が多いが、周囲にももう少し多情多感な友達と息子にならなければならないか"と微笑を浮かべて再び自らを引き締める。

イメージ 5

将来はわからないものだが、演技をしていく、今において、現在を楽しめるようにする源泉に'夢をかなえた'という前提があるだけでも彼は'幸せな人'ではないか。 彼の話を聞いて'静中動・静かな中で動きがある)'という言葉の意味が共に浮び上がった。 所信には、黙々と自分の道を歩いていく俳優イム・ジュファンが作り出す演技人生のすべての瞬間瞬間の努力に静かな応援を送る。

キム・ユジン記者slowlife@xportsnews.com
[写真=イム・ジュファン(c)エクスポツニュース クォン・ヒョクチェ記者]
エクスポツニュースより

2015年4月[インタビュー]宝石のような俳優イム・ジュファン、知ってみると、男らしい男、男のなかの男

こんにちは
今回も3年前?2015年4月 ドラマ輝くか狂うか韓国放送終了後のインタビューを翻訳してみました。


習うイメージを食べて暮らす人々だ。 それだけ俳優には自分だけのイメージ構築が'絶対的な宿題'で他にならない。 一生俳優で生きながら'一つの完成されたイメージ'だけ持っても成功という表現を使う理由がここにある。 このような意味で俳優イム・ジュファン(33)は成功した男だ。 彼は演技生活10年の間に多くの作品とキャラクターを消化した。しかし 、大衆の間で唯一光る彼のイメージは'優しい男'だ。 善良な顔、善良な語り口、主に引き受けた善良キャラクター演技の完全な消化だろう。 完成された'彼だけのイメージ'を持っているイム・ジュファン. 彼の俳優として魅力を一つ一つ調べた。

イメージ 1

スポーツQ文パク・ヨンウン・写真イ・サンミン記者]イム・ジュファンは最近MBC月火ドラマ'輝くか狂うか'で孤独な皇子ワン・ウク役を消化した。 劇でワン・ウクは欲望よりは真の愛を選択した'優しい男'であった。 また、一度イム・ジュファン特有の優しいイメージが光を発揮した。 彼は完ぺきなワン・ウクを描いたし視聴者たちが考えて望んだキャラクターを完成するのに成功した。 

イメージ 2

◆輝くか狂うかという孤独だった作品、だが多くのことを学んだ
輝くか狂うか''でイム・ジュファンが消化した劇中ワン・ウク キャラクターは誰にも愛されなかった人物だった。 シンユル(オ・ヨンソ)を片思いするだけだったし腹違いの兄であるワンソ(チャン・ヒョク)にも静寂だけだった。 さらに実の姉であるファンボヨウォン(イ・ハニ)にも政治的に見捨てられる。演技する俳優の立場では孤独なキャラクターにならざるをえない。 だが、イム・ジュファンはこのような状況でも大変だったが、多くのことを学んだとする。 
私がこれまで演技したキャラクターの中でこのように劇中で愛されてない人物は初めてでした。 一人でしなければならないんです。 さらに皇子が常に一人で歩いてましたから。 しかし初めには大変だったが、たくさん学習機会になりました。 孤独なキャラクターだ見るので演技に集中することができる時間も多かったし、特に一人で片思いをして愛のためにすべて与える愛演技をしながら片思いの内面演技をたくさん習いました。
愛演技においてはチャン・ヒョク兄さんより。 難しい位置だったと思います。 (笑い)表面は嫌いなふり中は好きな。 表面と内面が違っていたためでしょう。

イメージ 3


◆中間に挟まったキャラクター、さらに見せることが出来なかった物足りなさ残って
イム・ジュファンにワン・ウク キャラクターは物足りなさも交差する。 劇のキャラクター比重では途半端なポジションであったからである 
"もちろん惜しい部分もありましたよ。 ワン・ウクというキャラクターが劇の中心人物たちの真ん中に挟まれていたからです。 武芸が優れていたキャラクターだったがワンソには負けて、賢いキャラクターだったがファンボヨウォンに押されて、それでもシンユルを愛したが、彼女は一途な心で眺めています。 (笑い)ワン・ウクを通じてより多いものを見せてあげたかったがそうでなくて物足りなさが残ります。"
だが、当時監督様がおっしゃったことはワン・ウクに多くのことを望むことはできない。 望んだことは愛だったといいました。私はその話を守るためにワン・ウクを演じたと思います。 たとえ片思いだったが次第ワン・ウク キャラクターは愛する人がどのように成長するのかが含まれ続けた。
最初はシンユルを漠然と奪いたいという心だったが、最後には「本当の愛はその人の幸せを願う」という自らの成長が含まれていたのです。 「このような部分だけは作家様と監督様に感謝申し上げます。」


イメージ 4

◆多彩な魅力にたっぷり作品に満足してありがとう
イム・ジュファンは今回の作品に対して物足りなさも残るがそれでも作品的には満足するという最後の評価を残した。輝くか狂うかが持った多彩な魅力のためだ。
しっかりとした説明が不足している「勝利専決」だけあったワン・ウクキャラクターに対する一部物足りなさがあるが、作品的には満足します。 このドラマは多彩さという魅力があったからです。 史劇にもかかわらずコミック、ロマンス、アクションなど見どころが多かったんです。 また、史劇では試みられなかったアドリブ演技も多かったんです。 特に劇の仕上げがすっきりしていたという印象が残ってとても良いです。 最後にはどのキャラクター一つも落伍者がなかったようです。
このような部分が輝くか狂うか視聴率1位の原動力だったようです。 個人的には視聴率1位ドラマを初めてしてみること、この部分も特別な意味に残りますね。 視聴者、スタッフなど皆に非常にありがとうございます。


◆俳優もスタッフの一員、作品のために犠牲にしなければ
イム・ジュファンは目立つ俳優ではない。 劇で目立とうとする姿よりは劇全体を読んでアンサンブルのために努力するタイプの俳優。 彼もこのような評価に対して同意した。 特に自分の演技哲学自体が犠牲としながら劇全体が個人の欲より重要だと強調した。
(劇全体のための俳優)この部分を重要だと考えます。 一場面、一場面が生きてこそ一回が生きて劇全体が生きると考えます。 そのためには俳優間のアンサンブルを合わせなければならないし私だけよく見せて目立つ行動を自制しなければならないと考えます。 明らかに劇中で私が引き立って見える部分は必ず存在するので他の所で欲を出せばならないと見ます。 木を見ずに森を見なければならないですね。 俳優もスタッフだと考えます。 作品のために犠牲にする。

イメージ 5

◆演技欲、マーロン・ブラントのように現実感ある性格派俳優
劇全体のために犠牲にするというイム・ジュファン. だが、彼も現実感ある演技力を備えた性格派俳優としての深い欲があった。 
私が好きな俳優がマーロン・ブラントです。 キャラクター構築においては比類がないです。 マーロン・ブラントのように細心なキャラクターディテールを研究して現実感ある演技ができる性格派俳優になりたいです。 しかし、ただ一つ条件があるならば劇全体のための犠牲が敷かれたという前提の下です。 私が果たしてこの二匹ウサギを捕まえることが出来るかは確かに分からないです、だが年を取れば可能でないだろうかと考えます。 努力するでしょう。

イメージ 6

◆優しい男? 実際の性格は違って
イム・ジュファンの絶対的イメージは'優しい男'だ。 その間様々なキャラクターを消化したが、唯一彼が光を見たキャラクターはほとんど優しい男だった。 こうしたところは彼の善良な印象とイメージが大きく一役買っている。 
だが、イム・ジュファンは演技者としてのイメージと実際の性格はずいぶん違うと強調した。 また、優しい男イメージが良いが多様なキャラクターに挑戦したいと明らかにした。 。
多くの人も私を見ると漠然と優しい男のみ見るようです。 これまでしてきた多くのキャラクターの中優しい男キャラクターが唯一人気があったためのようです。 しかし、私の実際の性格は反対です。 常に0 or 100という姿勢で仕事に飛び込んで実際の表現するのも直接的でしょう。 酒も好きだよ。 (イム・ジュファンは火アリを漬けて食べるほど酒党男だ。 現在は酒を自制するところだという)
"率直に私もこういう(優しい男)イメージのために多くの変身を追求しました。 チック障害ホームレス演技までしてみましたよ。  ファンたちが私の優しい男演技が好きになって下さる部分を知っていて常に有難いです。 優しい男演技をしないという声は違います。 しかし俳優ならば様々な演技をするべきだと見ます。 今上手なことばかりやってはならない歳でしょう。 それで新しい挑戦は絶えず継続するつもりです。 俳優特有のカタルシスを感じることができる演技をね。

イメージ 7

結婚? 演技、体の内部にさらに拡大させた後に考える"
イム・ジュファンの年齢だけで33才だ。 もうそろそろ結婚を考える時期だ。 演技的にもより一層成熟するためには結婚が必要なことでもあろう. 最後に彼の結婚に対する考えが気になった。 
まだ結婚考えはありません。 私がまだ余裕がないです。 私のレベルが誰かを責任をもつ状況ではありません。 まだ不足します。 結婚は私のレベルがさらに上がった時したいです。
そのためには私のレベルを高めるための俳優としての努力が必要でしょう。 俳優彫刻家だと考えます。 抽象的に話すのではなく実際の自身が彫刻した演技を大衆に見せて商品として認められなければならないんです。 大衆が信じる俳優、認める俳優になります。 信じてください。" (笑い)

[取材後期]イム・ジュファンは明らかに優しい男だ。 善良な印象とマナーある口調のためだけでない。 演技のために純粋に努力してまだ
まだ自分が足りないと下げることを知っている謙虚さが染みているからである。誰がこの俳優を憎むことができますか?彼は大衆が信じ見る俳優としての基本的な資質備えている。このような武器を通じて、必ず最高の俳優になることを期待したい。

スポーツQより

2015年4月[インタビュー]イム・ジュファン"上手にできる演技よりやり遂げることができる演技をしたいです"

こんにちは
チュファナの俳優としてのニュースが全くなくて時々インスタグラム更新でグルメとゴルフばかり?な最近のチュファナ消息をお知らせしてくれているのが救いかなぁ?と最近思うこの頃です。
久々に3年前?2015年4月 輝くか狂うか韓国放送終了後のインタビューを翻訳してみました。
結構輝くか狂うか終了後にインタビューを受けていたチュファナです。
やはり視聴率が良いと注目されてインタビューも多く受けて次期作品にもつながるようです。
視聴率は一番大切!!!
次期出演作品はいつになるのでしょうか?
チュファナに届くと良いですね.......ㅋㅋ

イメージ 1

イメージ 5




アジュ経済シン・ウォンソン記者= 15日アジュ経済社屋で俳優イム・ジュファン(33)に会った。 '輝くか狂うか'中 皇子ワン・ウクを脱いで会った彼は気さくで微笑が美しい俳優であった。
去る7日放映終了したMBCドラマ'輝くか狂うか''(脚本クォン・インチャン、キム・ソンミ・演出ソン・ヒョンソク、ユン・ジフン)でワン・ウク役に大韓民国女心を揺さぶったイム・ジュファンは12年目俳優だ。 2004年SBSドラマ'マジック'でデビューしたし、映画'百万長者の初恋'(2006) 'アラン'(2006)等多数の作品に端役で出演して演技力を積んだ。 以後KBS2ドラマ'雪の女王'(2006),MBC 'タムナ~Love the Island~'(2009),SBS 'お馬鹿ちゃん注意報~ありったけの愛~'(2013)等で主役を演じて位置づけを広げた。

イム・ジュファンは'輝くか狂うか''で見せた演技に対して"演技に対して惜しかったり満足するというよりワン・ウクというキャラクターがもう少し詳しく表現されたら良かったように見えて物足りなさが残る"として"ワン・ウクがなぜ閉じられた心を持つようになったのか背景説明があったら視聴者の立場で彼の行動がより一層説得力あるように近づかなかったのだろうか"と放映終了所感を伝えた。
劇中ワン・ウクは太祖王建(テジョワンゴン)の五番目息子で秀麗な容貌に明晰な頭脳、優れた武芸を兼ね備えたキャラクター. 胸中に傷を持っていて、愛を守るために皇帝になろうとする人物だ。
寡黙なワン・ウクと違い実際に会ったイム・ジュファンは明るくて爽やかな性格の持ち主であった。

イメージ 2

イメージ 6



"実際の性格は私にもよく分からないです。 状況によって真剣な時は真剣で、楽天的である時は限りなく楽天的です。 両極端を走るという話を多く聞きます"
美男皇子を演技する前に映画'技術者たち'にイ室長役にキャスティングされた彼は当時の顔まで日焼けしたことに言及して、'輝くか狂うか'撮影に臨んで白い顔を作るために皮膚管理にとても神経を使わなければならなかったと打ち明けた。 また、ドラマ'タムナ~Love the Island~''(2009),映画'霜花店(サンファジョム)'(2008)等先立って出演した史劇と比較して前作のキャラクターらと違って見えるようにと自ら演技に変化を与えたという話も付け加えた。
多様なジャンルのうちどんなジャンルがもう少し演技しやすいのか尋ねた質問には"俳優自体が正解がない職業"としながら"どんなジャンルが私にもっと似合うと話すことはできない。 自分の演技が良かったのか悪かったのか評価することも難しい"と謙虚な態度を見せた。

深みある目つき演技で大衆をひきつけた彼が俳優としての夢を育てることになったきっかけは高等学校の時演劇部活動をしながらだ。
芸能人に対する準備は別にしませんでした。 高等学校に入学して友達について偶然に演劇部に足を入れたが私の中のエネルギーを感情表現で噴出することにものすごい魅力を感じました。 それがきっかけになり、端役からじわじわ過程を踏んでいきました"

イメージ 3

イメージ 8




すらりとした背丈、優れた比率、印象的マスク. 俳優イム・ジュファンをモデル出身俳優で知っている人々も多い。
"モデル生活ももちろんしたが開始は俳優でした。 中間に所属した会社がカン・ドンウォンさん、チョン・ウィチョルさん、イ・ミンギさんなどモデル出身俳優をたくさん排出した会社でした。 多くの方がモデル出身俳優と知っておられましたよ"
ドラマの中ワン・ウクはシンユル(オ・ヨンソ)を眺めるあしながおじさんのような役割だ。 現実の中イム・ジュファンの恋愛スタイルはどうだろうか。
"実際に恋愛したり愛に陥れば積極的な方です。 積極的にダッシュしてこそ人を得て、愛もついてくることではないでしょうか。 だが、結婚を考える年齢になると異性と付き合うことにあって容易ではありませんね。 芸能人という職業のために気を付けなければならないものもあるが人生をおいてみた時結婚を考える時期なのでその人の職業、考えも注視することになって思い、共感が形成がうまくいくのか、俳優である私の職業を認めることができるのか先に見ることになりましたよ。"
イム・ジュファンは今後してみたい役割を置いて"経験したことがないキャラクターに欲が出る"と話し始めた。

イメージ 4

イメージ 7





"どんな一つの役割をしたいとその役割が待っているのは(俳優として)ないと思います。 その時その時私に与えられるキャラクターに集中をする方です。 役割に線を引きたくないがしてみなかったキャラクターに魅力を感じるのは事実です。 サイコパスや犯罪者、殺人者など強くて経た感じのキャラクターを演技してみたいです。 視聴者はよく美しくて、優しくてそんなことがお好きではないですか? ところでその正反対を走るキャラクターを表現したい俳優としての本能があるようです。 見栄えが良いことだけしてみるならばそれとは反対のことをしたい心が生じるでしょう。"
上手にできる役割よりはやり遂げることができる役割が与えられた時さらにうれしいというイム・ジュファン. 挑戦意識が生じる役割を受け持って演技した時聞こえてくる周囲の称賛にカタルシスを感じると笑い作った。


イ・グァンス、チョ・インソン、ソン・ジュンギ、キム・キバンなど親しい集いの近況に関しても話した。
"芸能人という職業を逃れて来る集いです。 率直に面白味を追求したり遊ぼうと会う集いではないです。 会って互いに演技話をしてモニタリングをするのに忙しいです。 'この頃君、その演技良かった' 'ヘアースタイル 変えることははるかに大丈夫だ'等助言をして軽く励まします。 若干'スタディ'のような感じだといいましょうか? 親しい集いはお互いに良い刺激剤になるようです。 でもライバル意識とか嫉妬心こういうものは全くないです。 お互いの分野も少しずつ違うのでライバル意識ができることもないよ。"
イム・ジュファンは現在'輝くか狂うか''放映終了後次期作を決めるために多様な台本を置いて検討中だ。 挑戦意識が強くて演技者の本分に忠実な彼が今後どんな作品を通じて本人だけの演技を見せるのか期待される。


◇俳優イム・ジュファンは誰?
イム・ジュファンは1982年生まれで2004年SBSミニシリーズ'マジック'で俳優として初めて足を踏み入れた。
以後KBSドラマ'この人でなしの愛'(2005),'雪の女王'(2006),映画'百万長者の初恋'(2006),'霜花店(サンファジョム)'(2008)等多数の作品に出演して演技力を積んだ。
以後MBC週末ドラマ'タムナ~Love the Island~'(2009),SBS連続ドラマ'お馬鹿ちゃん注意報~ありったけの愛~'(2013)で主演でキャスティングされたし、特に'お馬鹿ちゃん注意報~ありったけの愛~'で見せてくれた好演は大衆に目で存在を知らせる確実な契機になった。 同じ年'SBS演技大賞ニュースター賞'を受賞した。 最近では放映終了したMBC月火ドラマ'輝くか狂うか'でシンユル(オ・ヨンソ)を愛するワン・ウク役を担って熱演した。
187cmの優れた比率とはっきりとした目鼻立ちで俳優活動中のモデルとしても活躍しており衣類、飲料、電子製品などのCFに出演した。
アジュ経済より

2016年11月号『ハーパース・バザール・コリア(Harper's Bazaar Korea)』よりイム・ジュファンのリアリティインタビュー翻訳

こんにちは
12日にBS放送むやみに切なく放送が終了しましたね
今回ご紹介するインタビュー翻訳は2016年11月号『ハーパースバザールコリア(Harper's Bazaar Korea)』
インタビュー翻訳は去年の韓国放送終了後のチュファナのインタビューになります。
写真は韓国所属社 ブラッサムエンターテイメントイムジュファン公式HPにていつでも見れます。

11日がインタビュー12日が写真撮影InStyle magazineのインタビュー内容も気になりますね
楽しみです。


2016年11月号BAZAARよりイム・ジュファンのリアリティインタビュー翻訳雑誌インタビュー


イム・ジュファンがさわやかな口調で笑って話した。 自身はスターになれないことで、でも謙そんでなく現実だと。 それでイム・ジュファンは長らく有意味な俳優になることに決心した。




撮影中間にそのような話をした。 “一年余り前に酒を辞めたが自然に再び飲むことになった。 職業特性上やむを得ず。 ”習えとの職業と飲酒の相関関係は何か?
インスピレーションや感性の問題もあるだろうが、何より現実的にそうだ。 作品をしない期間には時間送るのが仕事だ。 朝寝坊寝て運動して夜になれば三々五々集まるが、自然に酒の席が多くなるほかはない。 モデル活動する時は合わせた。 ファッションショーもシーズンがあって画報撮影やはり1ヶ月に2週ぐらい撮影期間が決まっているから、残りの2週の間は本当に失業者に違わない。 以前に狎鴎亭洞(アックジョンドン)カフェに行けばⅤネックTシャツにボストン カバン持っている背が高い男たちは皆モデルだった。 三,四時間ずつコーヒーショップにあとで日が落ちれば酒飲みに行くのが日常であったし。 それでもこの頃にはちょっと違った。 一度飲めば2~3日は休んで暴飲もしなくなっている。


去る9月8日ドラマ<むやみに切なく>が放映終了した。 事前製作作品であったから少なくとも5ヶ月間は‘失業者生活’を楽しまなかったと思う。 ゴルフだけ打っている。 つまらない考えなしで時間送るには最高だ。 これからそろそろ次の作品を調べてみるつもりだ。 幸いに交渉要請が入ってくるのにまだ決定されたのはない。

2年前<バザー>インタビューで会った時“私は作品を選ぶ立場でない。 ”と話したのを思い出す。 今は状況がちょっと変わったか? 別に。 相変らず選択を受ける側に近い。

ドラマ<ああ私はの幽霊様>以後にはちょっと変わったことと考えた。 視聴率もよく出てきたし悪鬼に憑依されるチェ警長’役割で好評を受けたから。 時々映画試写会現場を行けば私はその俳優を皆知るのにその方達はまだ私をよく分からない場合が多い。 打ち上げ現場に行ってもぎこちない立場だから、そのたびにまだ不足していることを実感する。 映画界側では<怪しい顧客達>の‘キム・ヨンタク’をたくさん記憶してくれる。 5年前封切りした作品なのにチック障害演技が印象的だったようだ。 ところで‘キム・ヨンタク’が私なのが気づかない。 俳優の大衆的認知度と作品のキャラクターが重なるべきなのにキャラクターだけ明らかで俳優は薄いことだ。


俳優とキャラクターが区分されるというのは俳優では武器でもある。 本来目立っているより作品に溶け込む演技をするタイプではないのか。 習字紙積むようにきちんと準備するほうである。 似たキャラクター、状況でも他の方向と解釈しようと精魂を込めること。 それが良くて、というよりは私がそんなにしかできない人間であるためだ。 キャリアにあっても、演技にあってもゆっくり行くのが適性に合うといおうか。 個人的には満足する。 ただし結果を出すまで長くかかるだけだ。

最も適性に合った役割は何だったか? ああ私の幽霊様のチェ警長. する間ずっと終始 薄氷板を歩く気持ちでより一層おもしろかった。ややもすると一瞬でも狂いが生じればみな崩れてしまうキャラクターであったから。小悪魔が憑依される二つの顔の殺人魔だなんて、紙一重で幼稚になるとか滑稽になる好都合ではないのか。 鋭敏なキャラクターであるだけにかえって単純に接近した。 普段には天使のようなながらも単純に気持ちをちょっと傷つくようにしたという理由だけで殺人を犯すのにその感情と表現が無邪気な子供と似ている面があると考えた。 子供たちが隠したりこらえる方法なしで悲しければ泣いてうれしければ笑うように、直感的なので全く予想できない行動を犯すように、チェ警長は最も率直で本能的な悪魔であることだ。 考えてみればああ私の幽霊様後最も変わったのは認知度でなくこのように中と表面が違うキャラクターの役割が多く入ってくるという点だ。

認知度ぐらい大きい成就ではないのか。 どうかな、もう少し見守るしかないようだ。 これが私の武器ならばゆっくり使うべきで、短期間に繰り返されれば即座に真っ青になるはずだ。

初めて<むやみに切なく>の‘チェ・ジテ’役割の提案を受けた時固辞したこともイメージ消耗を心配したためだったか? それはやはりノ・ウル(スジ)’前では‘イ・ヒョヌ’という仮名を使って足長おじさんを自任するが実は敵の息子である、両面的キャラクターであるからだ。 そうでもなくて、自信がなかった。 <優しい男> <この人でなしの愛>のような前作でわかるようにイ・ギョンヒ作家様は人間の感情を深くてドラマチックに解きほぐす。 <むやみに切なく>でもチョン・ソンギョン先輩が愛する男を守るために息子を害しようとするのではないか。 このように感情の極端を見せるべきなのに私ができるかと思った。 その上‘チェ・ジテ’という人物はお父さん(ユ・オソン),シン・ジュニョン(キム・ウビン),ノ・ウル(スジ),すべての秘密を初めから知っている唯一の人物でその関係まん中で重心を取らなければならない存在と負担になったし。 そこで筋道を捉えられなかったり表現が不足すればキャラクター間の関連性、話の可能性が皆歪むから話だ。


 イ・ギョンヒ作家はもちろんで俳優キム・ウビンが作家の作業室ボードに‘兄が必ずしたら良いだろう’という文まで残してあなたを説得した理由の中の一つは‘チェ・ジテ’と実際のイム・ジュファンが非常に似ていているためだった。 本当にそうだろうか? 表現が科しない点は似ているようだ。 私もチェ・ジテのようにリアクションが大きくなくて用心深い方だ。 何の事件があればそのことで広がることができるすべての場合の数を考えて最もリスクが少ない答を選択する。 それで決めるまで時間を費やす。



チェ・ジテは愛にもとても考えが多くの人であった。 多分三角メローラインで最も決定的な瞬間はドラマ序盤部シン・ジュニョン コンサートでチェ・ジテがウルの手を離した場面ではないかと思う。 結局その手をシン・ジュニョンがとらえて逃げたから。 実際のあなたであってもそうしたのだろうか? ウルの手をずっと取っていれば正体がばれるつもりですべて壊れてしまう状況なのに他に方法があるかと思う。 そんなに守らなければならないことが多い状況ならば私やはり一人で苦しい側を選択したようだ。 何、後悔はほどほどにしたが。



マーロン・ブラントの話が好きだ。 “あなたが受ける給与金額とあなた才能の大きさを混同するな。 ”私には金銭的な意味というよりは現実を正確に認識して後にでも絶対自慢しないであろうと繰り返して言ったりする。 見栄を張れば私はその瞬間すぐ終りである。 誰より私がよく分かっている。



愛に冷笑的なタイプか? 芸能番組<こんにちは>に出演して“多くの方々が勘違いしているのに普段女たちにも冷静な方だ”と話したのに。 そのようだ。 回して話すことも、それをよくわかることもできなくてガールフレンドがさびしがる時が少しあった。 以前にガールフレンドがクラブ行ってもかまわないかと尋ねるのに行けといったところかえって怒ったよ。 ガールフレンドがクラブ行くのにどのように送ることができるかと。 そうする時慰めることよりははっきり話すほうだ。 “行こうと尋ねたこと違うの? 行かないつもりならば尋ねることもせずそのまま家に行ったんだろう。 ところでなぜ聞いてみる? なぜ推しはかる?”初めからクラブも行かさない程信頼がなければ出会い自体が成し遂げない。 あるいはクラブで気に入る他の男に会ってもできないと考えたり。 心が動くのに私がどうすることができることでない。




実は最近インスタグラムに‘ I love you. Your everything. ’という文を載せて恋愛中だと思った。 海外ファンたちがインスタグラムアカウントに文を残すのに感謝して残したコメントだ。 わざわざインターネットで最大限最も多い大陸が出てきて写真を探して投稿しながらだ。 恋愛したのも古くなったが、どうせ公開恋愛するつもりもない。 平凡な職業を持っている方はもちろんで同じ芸能人といっても我が国ではまだ男より女側リスクがより一層大きいのが事実だ。 誰の男、誰の女と呼ばれるのも嫌いだ。 恋愛においてはますます萎縮するようだ。



恋愛してどれくらいになったか? 時々恋愛に発展しそうなドキドキする状況。 (笑い)芸能人というのは鋭敏に警戒を置かなければならない職業で恋愛は警戒を崩すことではないのか。 慎重でなければならないと考えて見たら恋愛までは移ることができなくて‘恋愛に発展しそうなドキドキする状況’に留まる場合が何度かあった。

今は‘恋愛に発展しそうなドキドキする状況でも恋愛でなく結婚に対してもたくさん尋ねる気がする。 三十中盤になって本当にそうだ。 そのまま、時になればするが考えがちょっと多くなる。 私のように曖昧な位置にあるすべての方がみな同じだが‘一年だけもっとすれば何があるだろう…. ’こうしている。 そんなに時間が経つのではないだろうか。




自ら曖昧な位置だと断言するのを見れば自分自身にやはり冷静なようだ。 理性だけでなくすべての状況、その中でも自己診断を一番確かにする方である。 それでチョ・インソン兄が“君は恐ろしい子なの!”そのようにする. (笑い)ところで曖昧なのが事実ではないのか。 俳優の認知度を1から100までに分けるならば私はおよそ60~70間に留まっている。 50を越えれば簡単に上位に上がることもできるはずなのに、この程度を越えるのが大変だ。




自らスター性がないと考えるか? デビューして10年を越えたがスターになるにはすでになったんだろう。 <むやみに切なく>だけ見てもそうだ。 ものすごい期待作であったし私にも良い機会だったが思ったより視聴率が低調でなかったか。 20代だけでも欲も出して苦しんだりもしたが10年を持ちこたえて見たら自然に超然とした。 スターではなくても有意味な俳優はいくらでも可能だ。 それでもファンたちはまだ放棄できないようだ。 “もうちょっとさく烈しよう! どうかちょっと!”(笑い)



スターでなく俳優として不足だと感じる点があるならば? スイッチ ターン-オフが難しい。 もし今日熱場面を撮影してその中八回目頃に重要なシーンがあれば前の七個は集中しにくい。シーンを別個と考えて動くべきなのにその重要なシーンがまったく頭の中から離れない。 一種のクセのようなことだ。 <タムナー>や<ワッツアップ>のように軍隊行く前に出演したドラマは一年以上事前製作した作品が多かった。 その人物で生きる期間が長いと見ると、認識しなくても自然に意識が流れたが今はドンドン感情転換をしなければならない。 それでも以前よりは大いに良くなった。 徐々に直していっているところだ。


考えてみれば史劇と相性がよく合うようだ。 出演ドラマのうち視聴率10%を越した唯一の作品である<輝くか狂うか>も史劇であったしファンたちが挙げた‘人生キャラクター’やはり史劇<タムナー>の‘パク・キュ’ではないのか。 すでに7年前作品なのにいまだに‘パク・キュ’話をして下さる方々が多い。 個人的にもそれを破りたい欲があって次は史劇を考慮中でもある。 <輝くか狂うか>は高麗時代だったからどうせなら朝鮮時代劇で。 どうであれ‘チェジテ’と重なるキャラクターではないはずである。


今放映中であるドラマ<月の恋人-歩歩驚心:麗>行って<輝くか狂うか>のような光宗時代4皇子‘ワンソ’と8皇子‘ワン・ウク’の話なのに、ひょっとしてモニタリング中なのか? 取りまとめてみている。 必ず同じ素材の話なので、あるいは私のような‘ワン・ウク’役割を受け持ったためでなくカン・ハヌルさん演技が気になって出演作品は関心があるように探してみるほうだ。 後日光宗になる‘ワンソ’イ・ジュンギさんが線の太くて確実な、演技をするならばカン・ハヌルさんは彼と対比されるキャラクターであるだけにであるくらいこっそり後で抜けて手がかりを残す程度にだけ人物を表現する。  見る人にとってキャラクターの感情を気になるようにさせて。 私やはりそのようなスタイルを好むが、このように静寂でミステリーある演技ト-ンが時代劇でかえって新鮮に感じられるようだ。


<バザー>映像インタビューで最も印象的なコメントでマーロン・ブラントの話を引用した。 “あなたが受ける給与金額とあなた才能の大きさを混同するな。 ”が話を自身にどんな意味で適用するか? 金銭的な話でなく現実を正確に認識して後にでも絶対己惚れなくしようと繰り返して言う。 虚勢張れば、私はその瞬間まさに終わりだ。 誰より私がよく知っている。

(エルKorea)2016年7月号撮影インタビュー動画「 クールな男、イム・ジュファンの趣向」

こんにちは
今日は先月6月に(エルKorea)2016年7月号撮影インタビュー動画をご紹介します。
何を言っているのかも翻訳しましたので楽しんでくださいね


完ぺきなプロポーション、彫刻のような容貌の所有者だと分かって、このように魅力あふれる'クール'一人の男であるとは! 俳優イム・ジュファンの好みをのぞく率直淡泊な映像インタビュー!



チュファナは何を言っているの?と言うことで、持つものは韓国のお友達にお願いして韓国語を教えていただいて翻訳は私がしています。
クールな男=不愛想な男、昔と変わらないですね
もう一つエル7月号翻訳も今していますのでお待ちくださいね
結構色んなことを語ってますよ
두 단어중에 선택하는거네요.
(산과 바다 중에서) 산…나이가 드니까..(웃음)
(와인과 소주) 소주..친구들하고 편하게 마실수 있는게 소주니까….
(요리와 청소) 요리….요리 요즘 약간 재미있는 것 같아요.
요리 프로그램도 많아지고 해서 저도 좀 관심있게 음식을 집에서 하나씩 하나씩
해보고 있어요.
(차도남과 츤데레) 차도남….차가울 수는 있는데 츤데레처럼 나쁜남자의 매력은
저한테 잘 없는 것 같아서....
(어벤져스와 엑스맨) 어벤져스…약간 좀 그래도 현실적인거?! 막 레이져 나오고
칼 나오고 이런것 보다는 조금더 현실적인거 같아서….
(약역과 영웅) 악역…영웅도 좋은데 악역이 정말 악역 같으면 정말 멋있거든요...
(송중기와 김우빈) 아..이거 엄마가 좋으냐 아빠가 좋으냐....김우빈!!!
우빈이는 2작품을 같이 했었었고...중기는 1작품 밖에 못했거든요. 그러니까 우빈이...
(영원한 사랑과 불같은 사랑) 영원한 사랑!! 영원한 사랑을 불같은 사랑처럼 하면 되잖아요?!
(26살과 26살) 36살...그거는...음....다시 그렇게 힘들고 싶지않아요..(웃음)

二つの単語中に選択することですね。
 (山と海中で)山…年を取ると。 。(笑い)
(ワインと焼酎)焼酎. 。友達と気楽に飲むことができるのが焼酎だから….
(料理と清掃)料理…. 料理この頃若干おもしろいようです。 料理メニューも多くなってして私もちょっと関心があるように食べ物を家で一つずつ一つずつしてみています。
(冷血男とツンデレ男)冷血男…. 冷たいことがあるのにツンデレのように悪い男の魅力は私によくないようで。 。. 。
(アベンジャーズとエックスメン)アベンジャーズ…若干ちょっとそれでも現実的なこと?! ちょうどレーザー出てきて刃物出てきてこのよなものよりはもう少し現実的なことのようで…. (映画)
(悪役と英雄)悪役…英雄も良いが悪役が本当に悪役のようならば本当に素晴らしいですね。 。.
 (ソン・ジュンギとキム・ウビン)あ。 。これママが良いかパパが良いか。 。. 。キム・ウビン!!! ウビンは2作品を共にしたし。 。. ジュンギは1作品以外にできなかったんですよ。 なのでウビンが。 。.
(永遠の愛と火のような愛)永遠の愛!! 永遠の愛を火のような愛のようにすれば良くはないですか?!
(26才と26才) 36才. 。. それは。 。. うん. 。. 。再びそんなに苦労したくないです。 。(笑い)

「韓流Mpost」ロマンス時代劇「輝くか、狂うか」オフィシャルインタビュー《イム・ジュファン編》

こんにちは
「韓流Mpost」サイトにドラマ「輝くか狂うか」出演 イム・ジュファン オフィシャルインタビューが紹介されています。
今まで紹介した雑誌や「ほっとコリア」サイトとインタビュー内容と写真は殆ど同じですが写真が大きめなので目で楽しむことが出来ると思います。
今日もお財布の中身が厳しいご訪問の方は
訪れて読んでみてくださいね

イメージ 1

「ほっとコリア」(web) ドラマ「輝くか狂うか」出演 イム・ジュファン オフィシャルインタビュー

こんにちは
ほっとコリアサイトにドラマ「輝くか狂うか」出演 イム・ジュファン オフィシャルインタビューが紹介されています。
今まで紹介した雑誌インタビュー内容と写真は殆ど同じです。
お財布の中身が厳しいご訪問の方は
訪れて読んでみてくださいね




イム・ジュファン“チョ・インソン、ソン・チュンギ集いにエクソ ティオも迎い入れ、女優もいたら..”(インタビュー)

俳優イム・ジュファンが懇意な俳優にからまった秘話を公開した。
イム・ジュファンは4月7日幕を下ろしたMBC月火ドラマ'光ったり及ぼしたり'(脚本クォン・インチャン、キム・ソンミ/演出ソン・ヒョンソク、ユン・ジフン)で神(靴)率(五軟で方)を片思いする考慮最高の美男皇子ワン・ウクで分解熱演を広げた。
イム・ジュファンは8日ニュースエンとインタビューで去る7日午後開かれた'光ったり及ぼしたり'鐘方椽に対して"出演者、製作スタッフと共に鐘方椽を開いた。 他のドラマの鐘方椽と同じように物足りなさもあったしさびしいことも感じられたしうれしいこともした。 後慮はさびしいという気持ちがそのような気持ちであるようだ。 イ・ドクファ先生が主導をして後輩がついて行く楽しい雰囲気であった。 先輩が良いお言葉もたくさんして下さったしその間全う出来ない話を交わして酒を飲んだ。 打ち上げ中に最終回もリアルタイムで見た"と話し始めた。

イメージ 1

イメージ 2


"打ち上げで気分が良くて酒を普段よりちょっとたくさん飲みました。 本来ビール2本程度まで飲む方なのにこの頃酒をちょっと減らしてみようという、自己管理次元でビール二杯程度だけ飲んでいますね。打ち上げでは3杯程度飲みました。 決心するならば酒を飲めないがあまりにも会食のような酒の席が多い職業だと酒を最初から飲まないことができなかったんですよ。 最近酒タバコを同じ日の同じ時刻に止めたが'輝いたり狂ったり'撮影が終わる一ヵ月前から再びタバコを吸い始めました。 ずっと止めたり吸ったりを繰り返していますね。 撮影休暇 体力が落ちた状況で台本、キャラクターの感情にさらに集中しようとする時タバコが小さい慰めになるというべきだが。 そのような慰安が必要でタバコを再び吸うことになったがまもなく再び止めるつもりです。"


ワン・ウクは表面では限りなく冷たく見える人物だが内面には愛に対する痛みを大事に保管した人物だった。 イム・ジュファンはたとえ劇中でシンユルと愛の結実を結ぶことができなかったが条件ない純愛好き演技で女心を鳴って視聴率牽引車の役割を正確にやり遂げたという好評を受けた。 キャラクターをオーダーメード服のように消化しただけそれから抜け出すのが難しいことも一ケ所"本来ある作品が終わればすぐ抜け出すスタイルだ"と話した。

"もちろんそのキャラクターを演技する時できた習慣は残ります。 例えば2009年放送されたMBC週末ドラマ'タムナ'でパク・キュ役を演技して後ろ手に組んで歩いたがドラマが終わった後にも1年間たびたび後手を歩いて歩きました。 ワン・ウクの場合、パク・キュのように特徴的な習慣はなかったです。 ただしスケジュールが窮屈だから撮影会場で休み時間ごとに寝ましたよ。 ずっと寝るのが習慣になって家で寝る時も2~3時間寝て起きることを繰り返すことになりました。 撮影は終わったがご飯だけ食べれば眠たいですね。"

イム・ジュファンは当分次期作を検討して休息を取る計画だ。 イム・ジュファンは"不足した睡眠もちょっととって時間になるならば旅行も出てみるつもりだ。 すぐソン・ジュンギが転役をするのに部隊が江原道(カンウォンド)にあって出迎えは大変なようだ。 分かってよくくるようだ。 ところでチョ・インソン兄が行こうといえば行かなければならないようだ。 兄さんも立てて言う言葉しなければ行かないという意だ"と明らかにした。

"転役すれば皆一緒に見ることにしました。 スケジュールが合えば共に旅行も行くつもりですよ。 チョ・インソン兄とキム・キバン兄、イ・グァンス、ソン・ジュンギ、そしてあの合計5人が親しくてしばしば見て連絡するのに集い自体が真剣な集いです。 互いに助言をするのではなかったが俳優として互いに一回ぐらいのがして生きたものなどに対して話して自らをぐっとつかむようにする集いのようです。 互いに演技も違って考え方もくれというということに話をすれば楽しいです。 分からなかったものなども習うことになります。 もちろん真剣で過度に現実的な話だけするのではなくて愉快な話もします。 酒飲んでいたずらをしてね。 この前に末っ子もできました。 グループ エクソ メンバーディオを新しいメンバーで迎え入れました。 チョ・インソン兄と最近放映終了したSBSドラマ'大丈夫、愛は'に出演したことを縁で合流することになったが残りのメンバー反応が'私たちはなぜ常に男たちどうし会うのか'のせました。 今まで女優がいたことが一度もなかったです。 この記事をご覧になる女性の方連絡お願いします。(笑)。

イム・ジュファン&quot;高3仲良しシン・ドンウクにごめんね演技放棄できなかったんですよ&quot;(インタビュー)

こんにちは
1月20日のインタビューを翻訳してみました。
除隊直後に高校時代の友達15人と飲んだことを語っていますね
その中で3人存じ上げていて二人は面識があり俳優パク・ソンヒョンもお互い存じ上げています。
理由はです。

イメージ 1

騒々しくなく黙黙と10年間ある道を歩いてきたイム・ジュファン(32). 彼がいよいよ俳優として満開している。

モデルで芸能界に足を踏み出した彼はSBSドラマ'マジック'で演技人生を始めた。 以後ドラマ'ろくでなしの愛',映画'ドレミファソラシも','霜花店(サンファジョム)',ドラマ'花より男'など多様な作品で演技生活を継続した。 すらりとした背丈、西欧的なマスクと物静かな語り口は俳優として彼が持った独歩的な魅力だった。

物静かに俳優として内面空白を押し寄せた彼だが潜在力、才能に比べて大衆に確かに自身の印象(引き上げ、人相)を刻印させられなかった。 だが、去る2013年SBS連続ドラマ'愚か者注意報'を基点に'俳優'イム・ジュファンの存在感を確かに知らせ始めた。 純粋で澄みきっているコン・ジュンスはイム・ジュファンそれ自体であり、コン・ジュンス病'熱風まで吹いた。

'愚か者注意報'がイム・ジュファンの明るい容貌を見せたとすれば、映画'技術者'(キム・ホンソン監督、トリニティエンターテインメント製作)では想像もできなかったイム・ジュファンのまた他の容貌を表わす。 '技術者'で仕上げ技術者イ室長を演技した彼はやわらかい目つきの後に隠した鋭い足の爪を表わしてスクリーンを掌握する。 生涯初めての悪役に挑戦した彼は極悪非道で冷酷なイ室長役に完全に溶け込んで俳優としてスペクトルを一層広げるのに成功した。

'愚か者注意報'に続き'技術者'を過ぎて19日初放送を前にしてMBC月火ドラマ'輝いたり狂ったり'まで。 永らく磨きあげた内面空白をもう大衆の前に広げてみせることだけ残った。 少しのろければどうだ。 次は元気で肯定的な信念でぎっしり埋まって、周辺空気まで明るくさせたイム・ジュファンとの一問一答.

イメージ 2




-監督がキャスティング私を半信半疑して。

私は一度もさっさとキャスティングされたことがなかった。 皆ぼんやり年してキャスティングしたよ。(笑い)例外があったとすれば'愚か者注意報'であるが、監督様がファンが作った私の映像を見た後無条件私をキャスティングしたかったそうだ。

'技術者'のような場合、一般的にマッチョ、悪役すれば毛も多くて線の太い男が浮び上がるのではないか。 そのような中に私が現れると慌てられたんだろう。 ハハ。 監督様が最初からイ室長キャラクターに対する考えを変えられたことだ。 イ室長は映画に過去が登場しないじゃない。 キャラクター自体もとても映画的で。 ややもすると下手すると笑わせることができるキャラクターなのに、そのキャラクターに私をキャスティングしたということは一種のキャンブルだったんだ.

イ室長キャラクターはそれこそ空から大きく落ちたキャラクターだ。 撮影入る前自らイ室長の過去を設定してみたか

ひとまずイ室長が外国で活動した傭兵だと考えて演技した。

-話した通りややもすると下手すると現実感覚ない、ぶうっと浮いているキャラクターになることができた。

合う。 映画に登場する比重を離れてとてもディテールに接近しなければならなかった。 延期する瞬間瞬間とてものどが渇いた。 とても感情を使わないと話だ。 私がそっと感情を入れてみれば監督様が'いや、それ違う'といったよ。 できるなら目につかない延期(煙、演技)をした。 現実感覚がない、極めて映画的なキャラクターだと見ると私が綱渡りを誤れば映画全体の集中度がこわれることができた。 すでに顔の傷跡からも強いじゃない。 延期(煙、演技)まで強くすることにはならなかった。 影のように延期しただろう。

イメージ 3



-毎度のような位置に傷跡扮装をするのも仕事だったようだが

監督様が小島ひっ捕まえるようになったが途方もなくディテールな方だ。 高唱席先輩もその図体に1kg陥ると絶対ティーが出ないが、監督様はぴったり調べてみたよ。(一座爆笑)撮影会場行けばひとまず監督様がイ室長傷跡扮装から見る。 監督様が'位置間違った'といえば初めから再び扮装することだ。 傷跡扮装だけでなく2~3日に一回ずつの顔タニングもした。 後ほどには顔がまだらになったよ。

-アクションもものすごかった。

技術的なテクニックより実際のアクションのような場面が多かっただろう。 それがイ室長だ。

-現場の雰囲気はどうだったか

みな残ろうといって見たら皆ヒョンドン生しただろう。 キム・ウビンさんも上手にしたし、ヒョンウさんも上手にしたし。 皆惜しい声一つなく良くしてくれた。 時間がとても差し迫ったので和気あいあいとした雰囲気を導いていく余裕がなかったのは事実だ。

-そばでみたキム・ウビンはどんな人か

'相続者'時キム・ウビンさん延期する姿を見て'あの子誰なの?'というほど印象深かった。 今回一緒に作業してみると、大勢という名前がつくほどの友達だよ。 賢くて賢明だ。 話す時単語選択もとてもすっきりしている。 お母様が論述学院(塾)を運営されたというが、幼かった時から本をそんなにたくさん見たそうだ。 そうしたためか作家様、監督様が意図する意を正確に把握する。 '相続者'見て、指導キャラクター持って遊んだではないか。 キャラクターの行間を詰め込むことができる俳優だ。 どこへ行っても称賛を受けるに値する。

-'愚か者注意報'時と'技術者'は同じ人ではないといっても信じるほど両極端姿だ。

事実大変疲れる。 明確な色がないということは俳優に両面性がある。 中間位置で行こうと思う方向に向かって馬鹿力あるように行くべきなのに、のろい。
他の見方をすればデビュー以来最も活発に活動している全盛期ではないのか

イメージ 4




高等学校の友達が15人程度になるが、私が転役する時皆集まっては皆惜しんだ。 'ジュファン、君はなぜならないか。 もう他の人々がしろとの作品ほどほどにして'といったよ。 ハハ。 合う。 もう会社でしろとの作品をするつもりだ。

-長らく俳優として揺れないことがあった秘訣が何か

友達、人、義理のおかげだ。 中学校の時までしても何かを作るのを好きで工高に進学しようとした。 ご両親が公務員だったが、無条件人文系行って工大を行けとおっしゃったよ。(笑い)人文系行って事故(思考)も中(案)として平凡に通った。 そうするうちに友達(俳優パク・ソンヒョン)勧誘で演劇部に入って演技の味を知るようになった。 (目がしらを赤らめて)その友達勧誘ではなかったら今私がどのように暮らしているかもしれない。 その友達が映画'友達2'と'技術者'でも端役で少しの間出てくるが、今大学路(テハンノ)で公演していたら。

シン・ドンウクも高3ずっと1年の間相棒であったし演劇部も一緒にした。 この友達を思い出させて自ら上手にしているかたくさん反省する。 代表作もなくて、演技で上受けたこともない私が果たして演技が上手になっているのか。 一知半解だけしているのではないのか、という話だ。

-大学路(テハンノ)に演劇舞台をたてるのが夢だと

青少年の友達が当然芝居する空間がない。 大学路(テハンノ)に演劇公演会場作るのは必ず成し遂げたい夢だ。

-結婚考えはないか

俳優として自ら満足するほどの自負心がまだない。 まだたくさん不足する。 不確かな職業であるだけにある程度の位置づけは確かめた後に結婚したい。 まだ仕事が先だ.

イメージ 5

[スターインタビュー]「技術者」イム&middot;ジュファン &quot;跳ねる文字列軽減しようとしました&quot;

イメージ 1
▲俳優イム·ジュファン./ラウンドテーブル(キム·ミンジュ)
 
 
俳優イム·ジュファン(32)は、映画「技術者」を使用して除隊後初めて観客と会った。キム·ウビン·イ·ヒョヌ·コ·チャンソクと対立するチョ社長(キム·ヨンチョル)の手下が実装に出演、強烈な印象を残した。来る19日MBCの新しい月火ドラマ「輝いたり、狂ったり」では視聴者と会う。イム·ジュファンは「限りなく不足している中古新人」と自らを評価した。それとともに「技術者」を皮切りに、「輝いたり、狂ったり」を使用して大活躍することを覚悟した。
 
イメージ 2
▲映画「技術者」イム·ジュファン
 
◆「技術者」、傷に過去の隠されたが実装
ペイント鼻をつけたような傷は、この実装の過去が平坦でないことを示唆している。イム·ジュファンは、実装の寡黙な性格と洗練された身のこなしをスクリーンに入れた。
 
 
「はねるしかない役割なのに強く見えるように演技すると、よりぎこちなくなったんです。できれば目立たないようにしました。キム·ホンソン監督も「緩和出せ」と助言しました。鼻の傷について「傷の手術をしていないか」と尋ねたところ病気過去がある場合もあり、傷を気にしない程度に、社会に関心のない人だとしましたよ。言葉をしたくても台詞が多くありませんでした。言葉も国語の本読むように無味乾燥にね。何もない文字列は何もしないし、チョ社長の影のように見えるように演技した。 " 
 
イ室長は監督が作った仮想人物だ。 "根も葉もないキャラクターでしょう。 観客が想像するようにする役割だと不親切です。 なぜチョ社長がいわれるとおりにするのかも出てこないよ。 人を見るやいなや殴ります。 ファンタジー的ですでに戦いが面倒な人物です。 傷跡や日焼けも私が持っているやわらかい容貌を補完できる装置でしょう。"
 
これまで真っ直ぐでまろやかな役割を消化していた彼はイ室長で演技変身をした。「観客が新たに見てくれたようで感謝します。監督も新鮮さを浮き彫りにしてたいました。映画の撮影中に傷が露出しないように神秘的を維持するようにもしましたよ。開封後監督は、自分の賭けに満足しました(笑)でもよくしたと評価されるのは恥ずかしい。もっと太く、重量感あったら良かったという物足りなさが残ります。」 
 
イメージ 3
▲俳優イム·ジュファン./ラウンドテーブル(キム·ミンジュ)
 
◆「輝いたり、狂ったり、野心的な隠されたワンウク 
イム·ジュファンは現在、「輝いたり、狂ったり、撮影を真っ最中だ。善良な容貌とは違い、暗い野心を秘めたワンウク役を引き受けた。「暗い側に画像をとることではない。ワンウクは最後まで悪役ではありません。愛する人を持っていたいという欲のために変化する邪悪なロマンチストでしょう。オ·ヨンソを置いてチャン·ヒョクと競争するために(放送が開始すると、)ワンウクに同情を感じるでしょう。」
彼はワンウク役に「新たな挑戦」と述べた。「ソン·ヒョンソク監督とはドラマ「オークションハウス」(2007)を介して作業しましたね。昨年MBCドラマスペシャル「馨栄堂日記」で禁止された愛と悲劇的な死を迎えるキム・サンヨンを演技したが監督がその感じそのまま私を交渉したとします。最初は半信半疑たったんです。まだ俳優としての地位を持っていないでしょう。そのためワンウクは私の新しい挑戦です。ワンウ​​クは実在の人物ですが、媒体を介して導入されたことがない。監督と対話しながらキャラクターを演出しています。 "
 
イメージ 4
▲俳優イム·ジュファン./ラウンドテーブル(キム·ミンジュ)
 
◆演劇が良かったモデル出身の俳優 
イム·ジュファンは高校生の頃、偶然演劇をすることになった。「画一化された 教育から脱した新しさを感じました。学生としては悪い演劇を見に通うために 欠席をかなりしました。出席日数が合わず、卒業ができないところもありました。しかし、私がしたいことにあってはいい経験でした。演劇大会で私が受賞して 名前を知らしめられて学校でもサポートしてくれるんですよ。 " 
 
イム·ジュファンはMBNドラマ「ワッツアップ」(2011)で 大学ミュージカル学科の学生チャン・ジェホンに出演した。しかし、いざ彼はミュージカルを避ける大学生だった。「今はミュージカルを本当に好き。ところが、大学時代には、演劇に陥っていた。「演劇より多くのお金をもうけてミュージカルいい」は、どのような動機の言葉に怒ったりしました。儲かると演劇とミュージカルを共有することを嫌っていた。「ワッツアップ」も序盤には演劇映画科が背景だった。後でソン·チナ作家がミュージカルに捕らわれて背景が変わったんです。残念だったね。仕方なくミュージカルに接してその魅力を知りました。ミュージカルをすると、助演からよ。新しいところだから、地上から開始するのが当然だと思います。」 
写真/キム·ミンジュ(ラウンドテーブル) デザイン /チェ・ソンイ
ギャラリー
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

kiyoko누나

カテゴリー
  • ライブドアブログ