We loverイム・ジュファン.LimJuHwan.임주환.林周煥.

イムジュファン応援・広報/LimJuHwanJapan FanSpporters/タムナ~Love the Island広報公認

こんなにも長い別れ

こんなにも長い別れ日本語字幕視聴しました。

こんにちは
チュファナが久し振りに演じたドラマこんなにも長い別れ
視聴出来る環境の方、視聴できたかなぁ?
録画もできたので明日、今日ゆっくりもう一度観ます。
ネタバレですが、ストーリーは
同棲している恋人達の切ない別れがテーマ
イナの気持ちが痛いほど理解できたけど、チュファナ演ずるサンヒの心も理解できて
共感できましたね
チュファナ、日本に10年以上も君の俳優演技者人生を応援しつつ見続けている馬鹿な奴がここにいることを忘れずに演技者として頑張って下さい。💪🏻継続は力なり💪🏻
💪🏻Persistence makes perfect💪🏻

イメージ 1




Twitterから放送依頼させて頂いて視聴できました。KBSワールド様、放送ありがとうございまーす😊

こんなにも長い別れ'イム・ジュファン、複合的内面表わした深層演技'好評'


イメージ 1


[エックススポーツニュースのキムユジン記者]KBS 2TVドラマスペシャル2018'こんなにも長い別れ'の俳優イム・ジュファンが複合的な人物の内面をデリケートに描き出す深層演技で好評を受けた。

'こんなにも長い別れ'は夢も思い出も共に積み重ねてきた古い恋人がお互いの関係について見直す過程を扱った作品。

19日に放送された'こんなにもに長い別れ'でイム・ジュファンは初めての小説の興行以降、5年間新しい文を書くことができず、苦しむ小説家ペサンヒ役を演じた。

彼は自分が所属した出版社の編集者であり、長い間の恋人のチャン・ヒジン(チョンイナ)との関係でも無駄な怒りとかんしゃくを通じて、内面の自責の念と劣等感、混乱を現した。

相次ぐ葛藤の中で結局、恋人との別れを迎えたイム・ジュファンは魂が抜けたような表情によって一人横たわっていた。

その後、突然、部屋を探し回ってノートパソコンを探して、それから1年後、書店新刊コーナーに彼の本が陳列されているのを通じて、彼がスランプを乗り切って作家として再起することを暗示した。

今回のドラマでイム・ジュファンは人間的な悩みと懐疑心、内面の渇き、自責の念など人物が経験するさまざまな感情を繊細に描き出し、視聴者たちの共感を受けた。

また、平凡な恋人たちの愛と別れについて飾らない現実的な演技でよく解きほぐしたという評価だ。

一方、イム・ジュファンはMBCドラマ'異夢'の出演を決めて撮影を準備中だ。

写真=KBS放送画面・ブラッサムエンターテインメント提供

エックススポーツニュースより

http://www.xportsnews.com/jenter/?ac=article_view&entry_id=1029369

このように長い別れイム・ジュファン、チャン・ヒジンと別れ。新作で痛み躍進


イメージ 1



「こんなにも長い別れ」イム・ジュファンがチャン・ヒジンとの別れを通してインスピレーションを得て、新しい本を出版した。

19日午後放送されたKBS 2TVドラマスペシャル2018第六作「こんなにも長い別れ」(脚本キム・ジュヒ、演出ソンン・ミニョプ)はペ・サンヒ(イム・ジュファン)がチョン・イナ(チャン・ヒジン)を

この日チョン・イナはペサンヒに3カ月以内に長編小説を完成することを要求した。これを聞いた、ペ・サンヒは「3ヶ月以内に長編をどのように書いて」と話した。これに対してチョン・イナは「長編250ページ保持し、一日に3ページずつ書けば良い。ちょっと書いたつもりじゃない。5年だ。最初の小説を発表して5年が経っ。毎日のように少しだけ待ってもらうことも一日二日で私は難しい」と吐露した。


また、チョン・イナは「そんなに逃げれば小説が自然に書かれてこの機会を逃したら、再登壇しなければいい。50万部1こうしたことの中から消して。国内作家も最近そんなに売るのが難しくてスター作家10万部売れなくて5前とまた違って作家はそのまま文だけ書けば良い。作って売るのは出版社が処理するだろうと伝えた。ペ・サンヒ覚えていないどのように書いたかみんなパクパク書くのに、私は書けない理由は何ですかと言った。これに対してチョン・イナは「天井を突き抜けてしまって。 さらに突き抜けてしまう時がないから反対に落ちることだね。ところでさらに落ちる時がなければその次には再び上がるだろう」と言った



イメージ 2

チョン・イナはキム・ミンジェ(チョン・ウクジンから大学路(テハンノ)演劇のチケット2を受けた。キム・ミンジェはチョン・イナにペ・サンヒ演劇見に来てほしいと頼んだチョン・イナはペ・サンヒ演劇見に行くために大学路に出た。チョン・イナは「大学路(テハンノ)本当に久しぶりだ。本当にしばしばきたのに」といったし、ペ・サンヒは「私がなぜその子の演劇を見なければならないのか? 私はその子気に入らなくて。 ニコニコ笑顔が妓生お兄さんのように見え」と嫉妬した。これは、チョン・イナは「お兄さん顔で文章を書くのかと聞いた。50万部中に10万部顔で買われたのだ」と説明した。


またペ・サンヒはチョン・イナに「お前なぜ編集者になったかなぜ私は文を書けなくなったか考えていたその時からだ。君が私に望むのは一つじゃないか。小説書くことと言いながら怒った続いて「目を開ければ文をどのよう書いたのか聞いて会社くるとノートパソコンを広げるじゃないか。私たちどのような間柄私たちは付き合って長いの?と尋ねた。また「君が退勤時間になると胸が苦しくとても息が詰まってけいれん」といった。これに対しチョン・イナは涙見せて家を出て行った。ペ・サンヒはすぐにチョン・イナを捉まえに行って抱擁しながら謝罪した。


ペ・サンヒは団体文字を受けて出版社創立記念日行事に参加した。 その場でク代表チョン・ジェソンと言い争いがあった。 ペ・サンヒは「本作る人が哲学はなくて、口だけ開ければお金お金お金、作家に媚びを売る。 私もここで本出すつもりありません。 お分かりですか?」といった。 それと共にキム・ミンジェに向かって「ク代表がおだててくれますか? 取り付けば飲み込んで苦ければ吐き出すク代表だからキム作家も吐き出すことができる。 そしてどこかで私のファンだからじゃない私のために文をチェックしないで。いないようだ」と大声を上げた。 これを見たチョン・イナはペ・サンヒを止めた。


イメージ 3


チョン・イナは「お兄本当に変な人だ。知っている?鋭敏で利己的、自己中心的である。しかし、私はすべてを理解しようとしたよ?ところで、今日は本当に理解できないよ。一体なぜそう?なぜ?なぜこれほどまでに壊れて」と泣きながら話した。ペ・サンヒは「私を見てどうすべきか全てが指の間抜けていく。落ち続けるのを見ているのを見る心情を知っているのか」とした。これを聞いたチョン・イナは、「あなたは一緒に落ちている私は見えないだろう? あなたはあなただけ痛いだろう? あなただけ。 もう嫌いで。 あなたはの夢が私の夢であること。 あなたの成功が私の成功で、あなたの失敗が私の失敗になるのが嫌いで。 嫌いになった。 みなめちゃくちゃ私本当に熱心にしたが」と言葉を詰まらせた。

以後、チョン・イナは「返してあげよう。1億。家を売って返してあげよう。これぐらいならできて良い。十分だった。売って他の場所に行って別々の方法で生きよう」とした。新しい家を契約したこれらだったが、引越しをする日争うことになった。結局二人はそれぞれの生活に戻った。チョン・イナが去った後、ペ・サンヒはノートパソコンの電源を入れ執筆を開始した。 1年後ペ・サンヒは「こんなにも長い別れ」という本を出版した。チョン・イナは書店でペ・サンヒの本を見て笑った。
スターニュースより



こんなにも長い別れ ダイジェスト映像

出版社で仕事をするイナと小説家であるサンヒ!

50万部のベストセラー作家だが新しい作品を書けないサンヒ


8年間作品休んだサンヒをそばで応援して苦しいイナ

恋人同士だがぎこちなく向き合うことになった、イナサンヒ

少しずつ擦れ違い始めるイナとサンヒ


突然出版社代表に会ってサンヒを隠したイナ!


葛藤爆発! 結局積もっていた感情を爆発してしまうサンヒ!

出版社記念行事の代表に言いたいことすべてするサンヒ

結局、新たなスタートのためにを移すイナサンヒ

新たなスタートと整理ではなく、不快感だけを残した二人

結局別れを選んだイナとサンヒ┬┬

それぞれ位置新たなスタートするイナサンヒ

こんなにも長い別れ'チャン・ヒジン・イム・ジュファン"恋愛してみたら、共感できる話"


イメージ 1

[エックスポツニュースギムジュエ記者]'こんなにも長い別れ'チャン・ヒジンとイム・ジュファンが寂しい共感を予告した。

18日、永登浦区汝矣島(ヨイド)のKBS別館2階の台本の練習室でKBSドラマスペシャル2018'こんなにも長い別れ'記者懇談会が行われた。同日、現場にはソン・ミンョプPD、チャン・ヒジン、イム・ジュファンが出席した。

'こんなにも長い別れ'は2017年短幕劇脚本公募当選作家のキム・ジュヒ作家が覇気をもって披露する2018年作品で、夢も思い出も何も共に積み重ねてきた古い恋人がお互いの関係について見直す過程を描いている。

同日、ソン・ミンョプPDは"長い間同じ方向を見遣った二人の恋人がお互いの違う感情を感じながら起こることを盛り込んだ"、"恋愛をしてみた彼らは、誰もが共感できることを現実的にとらえてしようとした"と作品を紹介した。


チャン・ヒジンは、仕事も恋愛も誠実な6年目の出版社の編集者であり、8年目サンヒと恋愛中のチョン・イナ役を演技する。チャン・ヒジンは、"自分の正体性よりは男友達のために夢を放棄して、生きていく人物だ。長い恋愛の末に自分のアイデンティティを悩むことになる"、"台本を読んで感じが良かったし、ジュファンお兄さんがすると言って良い心で臨んだ"と話した。

イム・ジュファンは初めての小説、永らく作品を完成することができず、仕事と愛の前で自責の念だけが残ってしまった小説家ペ・サンヒ役を演じた。イム・ジュファンは"サンヒは小説家で初めて書いた小説がとても大きな反響を得た人物だ。多くのドラマがストーリーを設定し、そのストーリーを見せてくれる。ところで私たちのドラマはストーリーよりは誰でも感じられる恋や別れについての感情が含まれていて、さらに多くの方々の共感を引き出すことができると思った"と作品を選択した理由を説明した。


イメージ 2


最近、多くの俳優たちが長編ドラマよりは短編ドラマに出演することを望む。しかし、短編ドラマに対する関心が長編ドラマよりは確実に落ちるため、誰かはこれを'ボランティア'と話したりもする。2人の俳優も特別な愛情を持って一幕物に臨んだ。

先にイム・ジュファンは"長編はストーリーを設定したあと、仮想の人物を入れて話を作り出す。短編も大きな枠組みは同じだが、キャラクターの感情が主となる気がしたよ"、"学ぶことに優れた脚本があれば参加をするのが正しいと思う。独立短編映画が製作され、新たな試みをして、また、これが引用され、長編映画がもっとよくなる。新しさを提示する基礎的な役割をするようだ"と一幕物の長所を説明した。

続いて、チャン・ヒジンは、"台本とチョン・イナ役割が良くて選択した。ところでもう六番目の短編だ。すべての俳優が自分が望む作品や配役をできるわけではない。数多くの作品中に私にしたい役がきたのが短編が多くて短編に出演することとなった場合が多い"と話した。

'マグロやイルカ'で先に短編を披露したソン・ミンョプPDは"'マグロやイルカ'は恋の始まりを扱った作品で、'こんなにも長い別れ'は別れを扱った作品であり、完結性のあるある日がなったようだ"と話した。

さらに、"一幕物は新人演出、作家にチャンスを与えている。ミニシリーズや長編ではある程度の強迫が生まれるものだ。しかし、短編はそのプレッシャーから逃れて、自由ことができる。また、個人的には完結した脚本で始められるドラマが一幕物しかない。今回の作品をしながらは俳優二人とも会って作品について多くの話を交わし、修正し、楽しく作業をしてずいぶん愛着が行く"と付け加えた。


イメージ 3


8年恋人の呼吸を合わせるイム・ジュファンとチャン・ヒジンは、MBNのドラマ'ワッツアップ'で、ライバルで会ったことがある。しかし、恋人呼吸は初めてだ。

チャン・ヒジンは、"'ワッツアップ'ではライバルだったが、今回は恋人、呼吸を合わせるようになった。ライバルである時は知らなかったのに今回知ってみると、ジュファンお兄さんは全部合わせてくれるパートナーだった"、"8年の歳月を持った恋人を演技しなければならなかったので、見知らぬ男俳優よりは慣れた方がいらっしゃることを願った。それでジュファンお兄さんがするという言葉に選択することになった"と呼吸について話した。

イム・ジュファンも"以前に'ワッツアップ'をしながらチャン・ヒジンについて知ったのは背が高くて、冷たいイメージだった。'こんなにも長い別れ'をするという話を聞いた時上手に良くしないと思っていた。このようなビジュアルで8年付き合ったのか疑問だった。彼氏が低迷するように恋愛生活を引っ張って行けば一気に背を向けそうな容貌であった。。ところで撮影をしながら本当にその人物のようだった。目からは真正性が感じられて私もたくさん楽だった。私もヒジンさんの演技に合わせてあげることができて良かった。"と話した。

また、2人とも長く恋愛をして見たからこそ、今回の作品にさらに共感しながら撮影することができたと。チャン・ヒジンは、"当然私も長く恋愛をしてみた。それで撮影しながら、感情移入も多くなった"と述べ、イム・ジュファンは"20歳前半に大学の時にCC(キャンパスカップル)だった彼女と3年半から4年ほど恋愛をした。その時のもうすでに別れたようだが、'女友達'、'彼氏'という単語だけが共有していると思っていたその感じを感じてみた。シナリオを読みながら、時々の考え方が出た。それで多くの方々が共感すると思う"と説明した。


イメージ 4

8年恋人の感情を表現するためにどんなことを努力したという質問にはイム・ジュファンが"恋愛をしたとすれば感じる男と女の'違い'が何かを考えた。 また、その中で巡る冷たい空気が何か、これをどのように表現することができるか悩みをたくさんした"と話した。


続いて、チャン・ヒジンは、"台本をずっと読みながらほとんどすべてのシーンが立場で理解が出来たの。。見るとすごく共感するだろうし、私のように確かにすべて経験したことと共感を形成できると思う。そのような部分に関心を持ってくれたらと思う"と紹介した。

現実の恋愛を扱っているだけに、共感できるシーンが多いという。ソン・ミンョプPDは"長期恋愛に渡って、私の人生でその時期を思い出す時にこの人を分離して思い浮かべることができない。二人の主人公はそれがもっと強く密着になっている。過去を思い出す時、恋人が自然に思い浮かぶその感情が大事と思ったし、お二人がよく表現してくれた"と話した。

チャン・ヒジンは、"長い恋人になれば、対話がなくなり、目を見ても相手が何を望んでるかを知っている。そして相手を引き続き確認しようとしている。その部分が多く共感ができた。イナが初めには男友達のために生きるが、後には自分のアイデンティティを探すことになる。それで結局人間は自分が優先ではないかと考えるようになった"と言及した。

イム・ジュファンは'空間'を例に挙げ、"一緒に同居をしているが、私の空間はソファーだ。眠りもソファーで寝てご飯もソファーで食べる。同じ家にいながらも私の空間が別々にある場面が設定になっている。チョン・イナは部屋で寝て、起きる。そんなに分離された部分が共感を呼ぶだろうと思う"と説明した。


イメージ 5

ドラマはハンドヘルド技法で撮影されて二人の感情をより一層率直に伝達する。 ソン・ミンョプPDは"カメラの揺れるということが人物の感情と同化されている。 荒々しく動けばカメラも荒々しく動く。 カメラを通じて俳優の呼吸を最大限よく表わそうとした。 撮影監督様にこの席を借りて感謝を申し上げたい"と話した。

チャン・ヒジンも撮影監督の苦労を言及し、"撮影することが容易ではなかった。カメラを持って動かなければならないので、カメラ、監督が苦労した。それにもかかわらず欲が生じて一回ずつもっと行きたい時がある。一幕物が特に情熱で団結した現場だから、私もより一層上手にしたくて何度も撮影したくなった。その時ごとに撮影監督がさらに大変になったよ"と付け加えた。


イメージ 6


イム・ジュファンは、小物の劣悪さを話しながら"ケーキが床にひっくり返らなければならないシーンがあったが、ケーキがいくつもなくてシーンをたくさんすることができなかった。その時皆疲れた状態だったので、ケーキのためそのシーンに集中して臨んだ。演技よりもケーキが一度に床にひっくりかえる方向に集中することになるその瞬間が記憶に残る"と話した。


最後にイム・ジュファンは"全てのドラマが視聴率で評価されるのが残念でならない。多くの方々が共感できればこれに満足している。少ない方たちと私たちのドラマを通じて自分のそばにいる人がもう少し切なく感じられたら良いだろう"とドラマの長所を改めてアピールした。

チャン・ヒジンは、"韓国ドラマタイトルは'こんなにも長い別れ'だが、私たちのドラマを見て視聴者の方は別れないために、もっと努力してほしい。互いに傍にあることを当たり前に思わないで、いる時をよくすべきという気持ちを感じてもらいたい"と話した。

'このように長い別れ'は19日午後10時に放送される。

写真=KBS
エックスポツニュースより
https://entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0000910485

こんなにも長い別れ ハイライト映像




こんなにも長い別れ記者懇談会イム・ジュファン所感ご紹介

こんにちは
今日はKBSドラマスペシャル2018 こんなにも長い別れ
記者懇談会が行われました。チュファナの所感を翻訳してみました。

イメージ 4

イム・ジュファンは初めての小説以後永らく作品を完成できなくてチョンイナ愛の前で自己行為に対する不足感だけ残ってしまった小説家ペ・サンヒ役を引き受けた。 彼は愛と仕事に対する悩みを繊細な演技で解きほぐす計画だ。
イム・ジュファンは「小説で始まった恋人の話だ」として「多くのドラマがストーリーを設定してここに集中してこれを見せる。 だが、この作品は誰でも感じる愛の感情、別れ、その間で微妙に行き来する感情線があって多くの方々の共感を引き出すことができたと思った」といった。
引き続き「俳優で見ると良い作品なら参加をするのは当然だ」として「映画でも独立断片映画がある。 単幕劇であるこの作品もまたそうだ。 これは該当分野で新しいストーリーなどを作り出す基礎ができる」と単幕劇に自負心を表わした。

イメージ 1

こんなにも長い別れ記者懇談会18日午後、ソウル汝矣島洞KBS別館台本練習室で開かれた。イベントには、俳優のイム・ジュファンチャン・ヒジンとソン・ミニョプPDが参加した。


イメージ 2


小説家役を演じたイム・ジュファンは「初めて書いた小説の大きな反響を得て、それによってガールフレンドチョンイナは編集者となる。

イム・ジュファンは「小説で始まったカップルだが、この作品を選択した理由は、多くのドラマがストーリーを設定し、そのストーリーに示している」と述べた。

引き続き「これはストーリーよりは誰でも感じる愛の感情と別れ、その中で行き来する鋭敏さが文に含まれていてかえってなかなか良い内容だ。 多くの人に共感を引き出すことができると思って選択した」と説明した。

この日イム・ジュファンは「私も台本を読んで二十歳序盤に十何年前思い出した。 大学校の時キャンパスカップルであったガールフレンドと3年半で4年ほど恋愛をしたが互いにすでに別れたが‘ボーイフレンド’ ‘ガールフレンド’という単語だけ共有しているようだ」と話した。

引き続き「恋人はお互いの心が交差したものだが離れていると考えた。  こんなにも長い別れ台本を読みながらもそのような気がした。 そのために多くの方々が共感する内容だと考える」と自信を持った。
こんなにも長い別れは昨年KBS単幕劇脚本公募で当選したキム・ジュヒ作家が2018年リリースする新しい作品で8年目長期恋愛中である出版社編集者と小説家の愛と別れを現実的に描くドラマで来る19日夜10時放送される。

イメージ 3


イム・ジュファンXチャン・ヒジン‘こんなにも長い別れ’、ポスター公開


イメージ 1


’KBSドラマスペシャル2018‘の六回目作品'こんなにも長い別れ'がポスターを公開した。

来る19日夜10時放送を前にして’こんなにも長い別れ'‘(脚本キム・ジュヒ、演出ソンミンヨプ)は寂しい雰囲気が秋とよく似合うポスターを公開して視聴者たちの感性を刺激している。
'こんなにも長い別れ''は夢も思い出も全部共に積み重ねた古くなった恋人がお互いの関係に対して顧みる過程を扱っている。 特に、2017年単幕劇脚本公募で当選したキム・ジュヒ作家が2018年覇気あるようにリリースする新しい作品で関心を引く。
久しぶりにドラマに出演する俳優イム・ジュファンが初めての小説以後永らく作品を完成できなくて仕事と愛の前で自己行為に対する不足感だけ残ってしまった小説家ペ・サンヒ役を引き受けた。 芸能とドラマで活躍しているチャン・ヒジンは仕事も恋愛も誠実な6年目出版社編集者であり8年目サンヒと恋愛中である‘チョンイナ役’を演技する。
公開されたポスターでは疲れたように無気力に見えるチャン・ヒジン(チョンイナ役)の姿と残念でかすかな目つきでどこかを凝視するイム・ジュファン(ペ・サンヒ役)の横顔が含んでいる。 愛する仲である二人が幸せで愛らしい目つきでない寂しい表情をつくっていて気がかりなことをかもし出す。 また、ポスターはアナログ的色彩と感性が視聴者たちに濃い秋情緒を呼び起こす‘感性メロー’ドラマになることだと暗示する。
関係者は“ポスターは長時間を愛して一緒にしてきた恋人がお互いの関係に対して顧みて体験することになるかすかな感性を表現した。”として“愛する仲に誰でも体験することができる葛藤と感情変化を捕らえることによって視聴者たちの共感をかもし出すだろう。”と伝えた。


こんなにも長い別れ 秋が似合う長い恋人

イメージ 1



KBSドラマスペシャル2018第六作目作品こんなにも長い別れ脚本キム・ジュヒ、演出ソン・ミニョプティーザー映像電撃公開した。

来る19日夜10放送される「こんなにも長い別れは、秋の日にふさわしい感性濃いティーザー映像公開して視聴者たち注目をひきつけている。
  
こんなにも長い別れ2017単幕劇脚本公募当選作家であるキム・ジュヒ作家が覇気披露2018作品で、夢も思い出もすべて積んできた古い恋人がお互い関係について振り返って見る過程扱っている。

過去12日に公開されたティーザー映像は、「愛はどのように終わるの」という質問にチャン・ヒジンチョンイナ眺めながら答えをしていないイム・ジュファン(ペサンヒ寂しい照らし始める。チャン・ヒジン - イム・ジュファンのカップルのラブラブ幸せだった瞬間少し疲れたような表情二人姿が続き、この古い恋人関係に変化が生じたと推察する。私たち長年の恋愛は多分長い準備だったのかという字幕と共に葛藤する姿、お互い切なく眺める表情が描かれ、見る人まで熱くする。愛している間に誰もが苦しむ葛藤と感情の変化示すことによって、視聴者共感かもし出す思われる。

愛と仕事に対する悩みを繊細な演技で解きほぐす2人の俳優に対する期待も大きい。 久しぶりにドラマに出演する俳優イム・ジュファンが初めての小説以後永らく作品を完成できなくて仕事と恋愛の前で自己行為に対する不足感だけ残ってしまった小説家ペ・サンヒ役を引き受けた。 芸能とドラマで活躍しているチャン・ヒジンは仕事も恋愛も誠実な6年目出版社編集者であり8年目サンヒと恋愛中であるチョンイナを演ずる
毎年感覚的な演出と新鮮な素材で厚いマニア層を形成している'KBSドラマスペシャル'. 特に今年はすべての作品がUHD/HD同時放送されて4K級の最高級映像で会ってみることができる。 
深まる秋の夜に似合う濃い情緒的響きをプレゼントする'KBSドラマスペシャル2018 -こんなにも長い別れ'は10月19日金曜日夜10時に放送される。

こんなにも長い別れ予告動画ご紹介

こんにちは
チュファナ出演ドラマ こんなにも長い別れの韓国放送予告動画をご紹介します。
韓国放送日は
2018年10月19日夜10時~ですが、日本から韓国KBS放送が現在、視聴できないようです
日本放送を期待したいですね



#Repost @kbsdrama with @get_repost ・・・

夢も思い出も全て共に積み重ねてきた古い恋人がお互いの関係について見直す過程を描いたドラマ[KBSドラマスペシャル2018-こんなにも長い別れ]
10月19日金曜日夜10時/[KBSドラマスペシャル2018]
10 PM Fri


出版社編集者であるイナと、小説家であるサンヒは8年目長期恋愛中であるカップルだ。 6年前デビュー作がベストセラーになって派手に登壇した後次期作を何年間出すことができないサンヒは出版社の督促に苦しめられて、中間に挟まれたイナは時には編集者に、時には恋人でサンヒが小説を書けるように助けようと努める。 その渦中に二人はお互いの感情や状況の変化を少しずつ感じ始めるけれど... #チャンヒジン#イムジュファン#チョンウクジン
#チョンイナ#ペサンヒ#キムミンジェ


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


ギャラリー
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
  • イム・ジュファン・LimJuHwan・임주환・林周煥プロフィール
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

kiyoko누나

カテゴリー
  • ライブドアブログ